DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > D. 附属病院 > d20. 紀要・広報等 > 看護研究発表論文集録 > 37回 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AA11820056-37-41-murata.pdf297.63 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ターミナル期にある患者に対しての社会的支援を考える:末期癌患者の外出を可能にできた一事例を通して
著者: 村田, 寿里
木船, 宏子
山田, 絹代
竹内, 弘美
冨田, 静江
Murata, Juri
Kifune, Hiroko
Yamada, Kinuyo
Takeuchi, Hiromi
Tomita, Shizue
発行日: 2005年11月14日
雑誌名: 看護研究発表論文集録
巻: 第37回
開始ページ: 161
終了ページ: 164
キーワード: ターミナル
社会的支援
外出
URI: http://hdl.handle.net/2297/10230
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:37回

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/10230

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください