DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > E. がん進展制御研究所(旧がん研究所) > e10. 学術雑誌掲載論文 > 1. 査読済論文 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
CA-PR-OHTSUBO-K-1093.pdf153.42 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 慢性膵炎の診断における超音波内視鏡の有用性
その他のタイトル: Usefulness of endoscopic ultrasonography for the diagnoses of chronic pancreatitis
著者: Ohtsubo, Koushiro link image link image
Okai, Takashi
Tsuchiyama, Tomonari
Mouri, Hisatsugu
Yamaguchi, Yasushi
Watanabe, Hiroyuki
Motoo, Yoshiharu
Sawabu, Norio
大坪, 公士郎
岡井, 高
土山, 智也
毛利, 久継
山口, 泰志
渡邊, 弘之
元雄, 良治
澤武, 紀雄
発行日: 2008年
出版社(者): 日本消化器内視鏡学会
雑誌名: 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy
ISSN: 0387-1207
巻: 50
号: 4
開始ページ: 1093
終了ページ: 1098
キーワード: 超音波内視鏡
慢性膵炎
線維化
lobular out gland margin
抄録: We report usefulness of endoscopic ultrasonography (EUS) for the diagnoses of chronic pancreatitis (CP). We evaluated EUS features of hyperechoic foci, hyperechoic strand, lobular out gland margin, lobularity, cyst, stone, ductal dilatation, side branch dilatation, duct irregularity, hyperechoic duct margins, atrophy, localized swelling in cases with CP (30 definite and 6 probable) diagnosed by computed tomography (CT) or endoscopic retrograde cholangiopancreatography (ERCP). Hyperechoic foci, hyperechoic strand, lobularity, hyperechoic duct margins in definite or probable CP were recognized in more than 80 % cases. Lobular out gland margin was observed in 14 (47 %) of 30 cases with definite CP, although none with probable CP (P = 0.06). In conclusions, hyperechoic foci, hyperechoic strand, lobularity, hyperechoic duct margins are useful for screening of CP, and lobular out gland margin would be reliable finding in definite CP. 目的:慢性膵炎の診断における超音波内視鏡 (EUS) の有用性につき検討した。 対象と方法:対象は内視鏡的逆行性胆道膵管造影 (ERCP)、CTにて慢性膵炎と診断され、EUSを施行した36例 (確診30例、準確診6例) で、hyperechoic foci, hyperechoic strand, lobular out gland margin, lobularity, cyst, stone, ductal dilatation, side branch dilatation, duct irregularity, hyperechoic duct margins, atrophy, localized swellingの各種EUS所見について評価し、retrospectiveに検討した。 結果:慢性膵炎確診例、準確診例では、いずれもhyperechoic foci, hyperechoic strand, lobularity, hyperechoic duct marginsが、80%以上の症例でみられた。lobular out gland marginは確診例で47%に認めたが、準確診例ではみられず、確診例で多い傾向が見られた (p=0.06)。 結語:hyperechoic foci, hyperechoic strand, lobularity, hyperechoic duct marginsは慢性膵炎の拾い上げに有用であり、lobular out gland marginは慢性膵炎の確診所見になる可能性が示唆された。
URI: http://hdl.handle.net/2297/11056
資料種別: Journal Article
版表示: author
出現コレクション:1. 査読済論文

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11056

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください