DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-TACHINO-K-103.pdf230.43 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 非ホジキンリンパ腫のリハビリテーション : 障害型に基づくアプローチ
その他のタイトル: Rehabilitation for Patients with Non-Hodgkin's Lymphoma -Clinical Approach Based on Impediment-
著者: 池永, 康規
染矢, 富士子 link image link image
立野, 勝彦 link image
八幡, 徹太郎 link image link image
山口, 朋子
Ikenaga, Yasunori
Someya, Fujiko
Tachino, Katsuhiko
Yahata, Tetsutaro
Yamaguchi, Tomoko
発行日: 2000年 2月18日
出版社(者): 日本リハビリテーション医学会
雑誌名: リハビリテーション医学
ISSN: 0034-351X
巻: 37
号: 2
開始ページ: 103
終了ページ: 105
キーワード: 非ホジキンリンパ腫
廃用性筋萎縮
末梢神経障害
脊髄障害
non-Hodgikin's lymphoma
disusemuscle atrophy
peripheral neuropathy
spinal cord injury
抄録: 非ホジキンリンパ腫(NHL)の障害像について調査を行った.31人のNHL患者について後方視的に調べたところ,廃用性筋萎縮型が20人,末梢神経障害型が5人,脊髄障害型が6人であった.廃用性筋萎縮を呈した患者では臥床期間が3カ月以上続いており,リハ訓練の後独歩可能となった.末梢神経障害を呈した患者では,脊髄神経根,末梢神経への腫瘍浸潤を原因とする,下垂足,感覚障害を来していたが,適切な短下肢装具を使用したことで歩行可能となった.脊髄障害を呈した患者では,腫瘍細胞が脊椎に浸潤しており,リハ治療後歩行器歩行可能となった.NHLは,障害型に応じたリハが必要な疾患であると考えられる. Non-Hodgkin's lymphoma(NHL) was studied from the point of impediment and rehabilitation approach. Thirty-one patients diagnosed with NHL, who were referred to the Department of Rehabilitation Medicine at a university hospital. The patients could be classified into three types according to impediment: Twenty with disuse muscle atrophy, five with peripheral neuropathy, and six with spinal cord injury. The patients with disuse atrophy had been bed-ridden for three months before rehabilitation started, but at the end of the rehabilitation course, all of them could walk unaided inside the hospital. The patients with peripheral neuropathy showed foot drop and sensory disturbance because tumor cells invaded their peripheral nerves. Ankle-foot orthosis was very effective for this group and enabled the patients in this group to walk unassisted inside the hospital. The patients with paraplegia showed muscle clonus and atrophy in their legs because tumor cells had invaded the vertebral bodies. Following rehabilitation, all these patients could walk in their ward with the aid of a walker. We conclude that NHL can be classified into 3 types according to the type of impediment and requires a rehabilitation approach based on the classification.
URI: http://hdl.handle.net/2297/11349
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11349

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください