DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-HOSO-M-67.pdf1.29 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 関節拘縮における関節構成体の病理組織学的変化
その他のタイトル: Histopathological changes in joint components during contracture - A study of the long term knee joint immobility model in the rat
著者: Watanabe, Masaki
Hoso, Masahiro link image link image
Takemura, Keiju link image
Yoshikubo, Hiroaki
Matsuzaki, Taro
Kojima, Satoshi
渡邊, 晶規
細, 正博
武村, 啓住
由久保, 弘明
松崎, 太郎
小島, 聖
発行日: 2007年
出版社(者): 理学療法科学学会
雑誌名: 理学療法科学=Rigakuryoho Kagaku
ISSN: 1341-1667
巻: 22
号: 1
開始ページ: 67
終了ページ: 75
キーワード: Histopathology
Plaster fixation
Rat
ラット
ギプス固定
病理組織
抄録: To reveal the changes of joint formation due to contracture we studied the histopathological changes using an exterior fixation model of the rat knee joint. Twenty Wistar male rats of 9-weeks of age had their right hind legs fixed in plaster a posture of maximum knee joint flexion. Four rats each were grouped into 2, 4, 8, 16 and 32 weeks fixation and their knee joints were observed under an optical microscope with hematoxylin-eosin staining. In the group of 2 weeks fixation, we recognized atrophy and fiber outgrowth of fat tissues surrounding the joint and those changes developed along with prolongation of fixation. Adhesion of the arthrodial cartilage to adjacent tissues was obsereved in the group of 4 weeks fixation. From the groups after 16 weeks fixation, there were examples of the cnemis and femur connecting with tissues. After long term plaster fixation of 32 weeks, the whole joint formation had developed atrophy, fibrination and narrowing articular cavity leading to tissue ankylosis. Inflammation and cartilage necrosis or disappearance were not observed. 要旨: 拘縮時に生じる関節構成体の変化を明らかにするため,ラット膝関節の外固定モデルを用いて,その病理組織学的変化を観察した。9週齢のWistar系雄ラット20匹の右後肢を膝関節最大屈曲位にてギプス固定し,4匹ずつ2,4,8,16,32週固定群をそれぞれ作成し,ヘマトキシリン・エオジン染色を行い光学顕微鏡下にて観察した。固定2週群から関節周囲脂肪織の萎縮と線維増生を認め,固定期間の延長と共にそれらの変化は進行した。関節軟骨と周囲組織との癒着が固定4週群から観察された。固定16週群以降では,脛骨,大腿骨が線維性に連結する例が見られた。32週に渡る長期ギプス固定により,関節構成体の萎縮,線維化,関節腔の狭小化が進行し,線維性強直に至った。炎症や軟骨の壊死,消失は観察されなかった。
DOI: 10.1589/rika.22.67
URI: http://hdl.handle.net/2297/11533
関連URI: http://www.jstage.jst.go.jp/article/rika/22/1/22_67/_article/-char/ja
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11533

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください