DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > G- 4. 国際機構,留学生センター > g-4 10. 学術雑誌掲載論文 > 1. 査読済論文 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
FO-PR-OKAZAWA-T-189.pdf709.32 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: グァテマラにおけるテメホス剤を用いた広域でのブユ防除法の検討
その他のタイトル: Effect of temephos against the blackfly larvae in stream tests in Guatemala
著者: Kamimura, Kiyoshi
Suzuki, Takeshi link image link image
Okazawa, Takao link image
Inaoka, Toru
Ochoa, A. J. Onofre
上村, 清
鈴木, 猛
岡沢, 孝雄
稲岡, 徹
発行日: 1985年 9月15日
出版社(者): 日本衛生動物学会
雑誌名: 衞生動物 = Medical entomology and zoology
ISSN: AN00021948
0424-7086
巻: 36
号: 3
開始ページ: 189
終了ページ: 195
キーワード: insecticide
temephos
blackfly
Guatemala
onchocerciasis
stream test
抄録: グァテマラのオンコセルカ症流行地域における媒介ブユ幼虫の防除方法を改良する目的で, テメホスの各種剤型を用いて, 雨季にグアチピリン水系で広範囲にわたる野外実験を行った。その結果, 0.2∿2.0ppm/10minの範囲では有効距離に薬剤濃度は無関係で, 流水量が関係していた。テメホスの固型剤, 水和剤, 乳剤, 油剤の間, および瞬時投入と10分間投入との間には顕著な差は認められなかった。したがって, グァテマラにおけるオンコセルカ症媒介ブユ対策の作業は, テメホス水和剤1.0∿1.5g入りの袋を流水量とは無関係に, 50∿100mおきに瞬時投入するのが適切と考えられた。 In order to investigate an effective control method of blackfly larvae in an onchocerciasis endemic area of Guatemala, large scale stream tests were done in the rainy season using various formulations of temephos. The concentration of temephos had no relationship with its carry within a range of 0.2-2.0ppm/10min. There existed a clear tendency in that the larger the water discharge, the longer was the carry of the insecticide. No distinct difference was observed in efficacy among the four formulations, i.e. solid, water dispersible powders (wdp), emulsifiable concentrates (EC) and oil solution, as also between the two application methods, instantaneous pouring and pouring during a 10min period. It is recommended that in future vector control operations of Guatemalan onchocerciasis temephos wdp packed in a bag containing 1.0-1.5g of the active ingredient should be poured into a stream immediately after mixing it with stream water, regardless of the water discharge of stream. With this mode of application, 50-100m carry would be expected in streams infested with Simulium ochraceum, the principal vector of onchocerciasis.
URI: http://hdl.handle.net/2297/11687
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11687

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください