DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > G- 4. 国際機構,留学生センター > g-4 10. 学術雑誌掲載論文 > 1. 査読済論文 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
FO-PR-OKAZAWA-T-95(1982).pdf1.33 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: グァテマラにおける Simulium ochraceum の分布に関する地質・地形学的研究
その他のタイトル: Geologic and geomorphologic studies on distribution of Simulium ochraceum (Diptera : Simuliidae) larvae in Guatemala
著者: Yamagata, Yoichi
Okazawa, Takao
Molina, Pedro Antonio
山形, 洋一
岡沢, 孝雄
発行日: 1984年 6月15日
出版社(者): 日本衛生動物学会
雑誌名: 衞生動物 = Medical entomology and zoology
ISSN: 0424-7086
巻: 35
号: 2
開始ページ: 95
終了ページ: 102
キーワード: Simulium ochraceum
larval distribution
Guatemala
geology
geomorphology
抄録: グァテマラのオンコセルカ症流行地で, 主要媒介種であるSimulium ochraceumの発生源の分布を調査し, 地質および地形との関係を検討した。調査面積477(km)^2内で計246本(144.4km)の不断水流が発見もしくは確認され, うち119本(48.4%) 27.8km (19.3%)でS. ochraceumの発生が認められた。S. ochraceum幼虫は主として古い不透水性の岩に分布していた。これに対して新しい火山岩は透水性が高く, 不断水流を保持しないため, S. ochraceumの発生に不適だが, 不透水性岩の上に位置した時, 地下水の供給源として重要になる。沖積地では水流密度が高かったが, これらの水流ではまったくS. ochraceumの発生が見られなかった。第三紀泥流・溶岩地帯はS. ochraceumの発生源を最も多く有し, かつオンコセルカ症流行地とも一致した。この地帯(77(km)^2)にある計1469本の谷セグメントを踏査した結果, 203本(13.8%)が不断水流を持ち, このうち108本(53.2%)がS. ochraceumの発生源となっていた。谷次数が高くなる下流ほど, 谷セグメントが不断水流を持つ率が高くなったが, それらの水流がS. ochraceumを発生させる率は逆に低くなった。S. ochraceumの分布は, 主として源流の湧泉から下流1km以内の谷次数の低い谷セグメントに多く見られた。湧泉は主として海抜900m, 1100m, 1300-1460mの3段階の高度に沿って, ほぼ水平に分布していた。 On-foot surveys were made for the purpose of mapping perennial streams infected with Simulium ochraceum in an endemic area of onchocerciasis in Guatemala. Of 246 perennial streams (144.4km) found in 477(km)^2,119 (48.4%) or 27.8km (19.3%) were found infested with S. ochraceum. S. ochraceum larvae were found mainly from older impermeable rocks such as Tertiary lahars and lavas, arkosic conglomerate and Cretaceous granite. Although recent volcanic rocks have very few perennial streams due to permeability, they are important as water reservoirs for the underlying impermeable rocks. Quarternary alluvium showed high stream density, but no S. ochraceum larva was found from these streams, due probably to small channel slope. The area with Tertiary lahars and lavas is the most important bed of ochraceum-breeding streams, which roughly coincides with the onchocerciasis endemic area. Of total 1469 channel segments in this area, only 203 (13.8%) had perennial streams, of which 108 (53.2%) were infested with S. ochraceum. With increment of the channel order, the raito of channel segments with perennial streams increased, while, on the contrary, the ratio of perennial streams with S. ochraceum larvae decreased. No S. ochraceum larva was found in the fourth and fifth order channels. S. ochraceum larvae were found mainly in the uppermost part of the stream network, immediately below headsprings. The headsprings were found arranged nearly horizontally on the elevations 900m, 1100m and 1300-1460m above sea level.
URI: http://hdl.handle.net/2297/11689
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11689

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください