DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > F- 4. 環日本海域環境研究センター(旧 自然計測応用研究センター) > f-4 10. 学術雑誌掲載論文 > 1. 査読済論文 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-YAMADA-S-27.pdf389.57 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 磁束収束作用を用いた渦電流探傷プローブ
その他のタイトル: Eddy current testing probe using flux concentration effect
著者: 前田, 哲彦
山田, 外史 link image
岩原, 正吉 link image
Maeda, Tetsuhiko
Yamada, Sotoshi
Iwahara, Masayoshi
発行日: 2001年 3月10日
出版社(者): 日本AEM学会
雑誌名: 日本AEM学会誌
ISSN: 0919-4452
巻: 9
号: 1
開始ページ: 27
終了ページ: 32
キーワード: Eddy current testing
flux concentration effect
outside defect
抄録: Eddy current testing probe using flux concentration effect is investigated with numerical simulations and experiments. The flux concentration effect had been developed in the electromagnetic pump for pumping liquid sodium. Simulations clarify distributions of eddy current in the sleeve with slit. The magnetic flux, which is penetrating the tube at the end region of sleeve with slit, is increasing. So this location is suitable for detecting. Experiments are carried out utilizing the eight-figure detecting coil. The experiments show that defects signals which were obtained using flix concentration effect are about twenty five times larger than the conventional type.
URI: http://hdl.handle.net/2297/11798
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/11798

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください