DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-YATOMI-C-659.pdf731.26 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: エネルギ解放率破壊規準による長さの異なる平行き裂の進展挙動について
その他のタイトル: The Extension Behavior of Parallel Cracks Based on the Energy Release Rate Criterion
著者: 阿部, 孝弘
矢富, 盟祥 link image
橋本, 堅一
山本, 将司
Abe, Takahiro
Yatomi, Chikayoshi
Hashimoto, Ken-ichi
Yamamoto, Shouji
発行日: 2002年 6月15日
出版社(者): 日本材料学会
雑誌名: 材料 = Journal of the Society of Materials Science, Japan
ISSN: 0514-5163
巻: 51
号: 6
開始ページ: 659
終了ページ: 665
キーワード: Crack extension
Energy release rate
E-integral
Crack interaction
Parallel cracks
Plane stress
FEM
抄録: In this paper, we examine the crack extension behavior for a linear elastic body with two parallel cracks. Assuming the isotropy of fracture toughness of the body and judging from the criterion based on the energy release rate, we study the influences of the difference of crack length, the relative position of cracks and the load angle on crack extension behavior. The energy release rate is computed for all the extending crack tips at the onset of crack kinking by using the E-integral which is path independent even for a path containing a kinking crack tip and stationary crack tips.
URI: http://hdl.handle.net/2297/12185
資料種別: Journal Article
権利関係: 日本材料学会;本文データは日本材料学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/12185

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください