DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > H- 4. 附属学校園 > h-4-4.附属高等学校 > 20. 紀要・研究報告等 > 高校教育研究 ; 金沢大学(教育学部)附属高等学校 > 50号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
KJ00000096384.pdf1.01 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 生命科学系学部生へのアンケートを実施して : 理科教育はどうあればよいか
著者: 深田, 和人
Fukada, Kazuhito
発行日: 1998年10月
出版社(者): 金沢大学教育学部附属高等学校
雑誌名: 高校教育研究 / 金沢大学教育学部附属高等学校
ISSN: 2875233
巻: 50
開始ページ: 77
終了ページ: 86
抄録: 在学中に生物を選択していた理科系学部進学者および生物を選択していなかった生命科学学部進学者に対してアンケートを行った。その結果,高校時の生物学習は,学部で学ぶときに基礎となって有用であるが,専門として専攻する内容についてはそれほど重要視していないと感じているようである。また,生物履修者は物理履修の必要性はそれほど感じていないのに対し,物理履修者は物理・生物双方の必要性を感じていることが分かった。また,DNA等の遺伝子については理科系生物履修者のみが学習すればよいと考えているものはそれほど多くないということが分かった。今回のアンケートをもとに,理科における科目のあり方の1つのモデルを考えてみた。
その他の番号: AN00081790
URI: http://hdl.handle.net/2297/1405
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:50号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/1405

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください