DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-KIMURA-H-25.pdf444.76 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 推論パスネットワークによる仮説合成時の無矛盾性チェックの改善案
その他のタイトル: Improvement of the Consistency Check on Hypothetical Synthesis using Inference-Path Network
著者: 野畠, 英明
木村, 春彦 link image
広瀬, 貞樹
広林, 茂樹
Nobata, Hideaki
Kimura, Haruhiko
Hirose, Sadaki
Hirobayashi, Shigeki
発行日: 1996年 5月14日
出版社(者): 情報処理学会
雑誌名: 情報処理学会研究報告. 人工知能研究会報告
ISSN: 0919-6072
巻: 96
号: 36
開始ページ: 25
終了ページ: 32
抄録: 仮説推論は, 不完全な知識を扱うことのできる有用な枠組であるが, 低い推論速度が大きな問題として挙げられる. この推論速度の問題を克服するアプローチは, 大きく分けて2通り考えられる. 1つは準最適解を求める問題と捉え高速化を図るアプローチ, もう1つはあくまで最適解を求める問題として高速化を図るアプローチである. 本稿では, 後者の最適解を求める方法において有名な方法である推論パスネットワークによる高速仮説推論システムを基に無矛盾チェックを軽減するアルゴリズムを提案し, 実験によりその効果を示す. A logic-based hypothetical reasoning can handle incomplete knowledge as a hypothesis. But the problem is that the hypothetical reasoning has a fault of low reasoning speed. We think that there are two approaches to resolve this problem. The one is an approach for reducing the synthesis process that find the sub-optimal solutions. The other is an approach that exactly find the optimal solutions. In this paper, we propose the algorithm for reducing the consistency check based on the fast hypothetical reasoning system that is famous for the latter appoach. And we prove that proposed algorithm is effective for hypothetical reasoning systems by experiment using real knowledge bases.
URI: http://hdl.handle.net/2297/14210
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002674891/
http://www.ipsj.or.jp/
資料種別: Journal Article
権利関係: 利用は著作権の範囲内に限られる
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/14210

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください