DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-KIMURA-H-2817.pdf1.03 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 文字への加工を利用したハードコピーへの情報ハイディングの一提案(セキュリティ基盤技術)(<特集>「インタラクション:理論,技術,応用,評価」)
その他のタイトル: A Proposal for Information Hiding to Hardcopy by Using Cutting Processed Characters (Security Infrastructure)(<Special Issue>Research on Interaction: Theories, Technologies, Applications and Evaluations)
著者: 林, 克明
上田, 芳弘
岩田, 雅士
木村, 春彦 link image
Hayashi, Katsuaki
Ueda, Yoshihiro
Iwata, Masashi
Kimura, Haruhiko
発行日: 2003年11月15日
出版社(者): 情報処理学会
雑誌名: 情報処理学会論文誌
ISSN: 0387-5806
巻: 44
号: 11
開始ページ: 2817
終了ページ: 2825
抄録: 近年はインターネットをはじめとしたコンピュータネットワークの発展,普及にともない,電子文書が流通する機会が増えてきた.それにともない,情報を伝達する媒体として用いられてきた紙の使用頻度は低下していると考えられる.しかし,情報を記録する媒体としての紙は,多くの利点が存在するため,早急になくなるとは考えられず,今後も使用されると予想される.そこで,本研究では紙,すなわちハードコピー状態のテキスト文書を対象とした,埋め込み情報の抽出を視認で行うことができる情報ハイディングの一手法を提案する.さらに,実験によりその有効性を示す.テキストを対象とした情報ハイディングに関する報告の多くは,文字間隔や行間隔の微小変化を利用するものが多いが,これらの方法ではハードコピーにした場合のハイディング情報の抽出には電子機器が必要である.本論文の提案手法では,テキストヘの情報ハイディングを行うために,文字の一部分に切断加工を施した.その実用性についても実験により実証できた.これにより,ハードコピーのテキスト文書を対象とした,視認による抽出を可能とした情報ハイディングの有効性を示すことができた. Recently, opportunities of exchange for electronic documents are increasing with development of computer networks such as the Internet. And the use frequency of paper as an information transfer medium is decreasing. However, it will be seemed that paper as an information record medium will continue to be used for its some merits. In this research, an information hiding method for text on hardcopy is proposed. The characteristic of the method is to extract embedded information in visual. Furthermore, three experiments show the validity of the method. Many of reported methods of information hiding into text are using line-shift coding or word-shift coding. These methods need to use image scanner to extract embedded information. We give a cutting processing to a character in order to hide information into a text. And the validity of our cutting method is shown by experiments. Therefore, the validity of proposed information hiding for text on hardcopy is shown.
URI: http://hdl.handle.net/2297/14212
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110002711622/
http://www.ipsj.or.jp/
資料種別: Journal Article
権利関係: 利用は著作権の範囲内に限られる
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/14212

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください