DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-KIMURA-H-14217.pdf1.34 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 自己代理強化学習による交通信号制御(知識処理)
その他のタイトル: A Traffic Signal Control Using Self Vicarious Reinforcement Learning(Knowledge Processing)
著者: 参沢, 匡将
阿部, 孝司
下川, 哲矢
木村, 春彦 link image
Misawa, Tadanobu
Abe, Koji
Shimokawa, Tetsuya
Kimura, Haruhiko
発行日: 2008年11月15日
出版社(者): 情報処理学会
雑誌名: 情報処理学会論文誌
ISSN: 0387-5806
巻: 49
号: 1
開始ページ: 445
終了ページ: 456
抄録: 現代社会において,交通流の増大による渋滞の発生や事故が増大している.この改善策として信号機による制御が行われている.さらに,近年ではITS(高度道路交通システム)やハイテク信号機の導入などが行われている.また,大規模で複雑なシステムを構築する手法としてマルチエージェントシステムが用いられることが多く,交通信号制御への応用も行われている.しかし,マルチエージェントシステムを適用する場合には,学習に多くの時間がかかるという問題が生じる.本論文では,学習時間を短縮する手法として自己代理強化学習を提案する.これを交通信号制御に適用し,その特性を検証する. As improvements for increase of traffic jams and accidents, ITS (Intelligent Transport System) and high-tech signals have been introduced. On the other hands, when such a large system as a traffic control system is designed, multi-agent system is often applied. However, multi-agent systems have a problem of demanding large learning time. In this paper, we present self vicarious reinforcement learning as a method for shortening the learning time and apply in traffic signal control. In addition, we simulate the proposed system using the self vicarious reinforcement learning for traffic signal control and show the usefulness of the self vicarious reinforcement learning.
URI: http://hdl.handle.net/2297/14217
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110006595165/
http://www.ipsj.or.jp/
資料種別: Journal Article
権利関係: 利用は著作権の範囲内に限られる
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/14217

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください