DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(理) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
SC-PR-SUEMATSU-D-143.pdf978.62 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Superstringの現象論的側面について(弦理論の基礎的課題,研究会報告)
著者: 末松, 大二郎 link image link image
Suematsu, Daijiro
発行日: 1993年 1月20日
出版社(者): 素粒子論グループ 素粒子研究編集部
雑誌名: 素粒子論研究
ISSN: 0371-1838
巻: 86
号: 4
開始ページ: D143
終了ページ: D157
抄録: 近年の精力的研究に依ってsuperstringから得られるmodelの現象論的側面について少なからず、興味深いことが明らかにされてきた。しかしながら、stringの理論の全容がいまだ明らかにされていないという状況、とりわけ非摂動的取扱いが解明されていない現状では、無限に縮退した真空の中から真の真空を選び出すことができず、modelを特定することができない点を含めてsuperstringのlow energy領域の研究は厳しい状況にあるといえる。このような状況下でsuperstringの現象論的側面の解明へ向けた一つの試みとして、low energy領域における現象論的情報とstringの持つsymmetryを頼りにstringの非摂動効果をも取り込んだようなeffectivefield theoryを作り、その性質を調べようというのが、現在用いられている方法論であると言って良いであろう。現在のsuperstringの理論の進展具合からみて当面これは適当な方向であるといえるように思える。いずれにしてもsuper symmetryが自然界において本当に実現されているのであれば、現時点においても""Superstring Phenomenology""という形での研究には重要な意味があるものと思われる。
URI: http://hdl.handle.net/2297/14220
関連URI: http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~sg/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである isVersionOf: http://ci.nii.ac.jp/naid/110006410800/
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(理)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/14220

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください