DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-KUNIMOTO-K-799.pdf409.89 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 水溶液中におけるダブシルアミノ酸の会合挙動
その他のタイトル: Aggregation behavior of dabsylated amino acids in aqueous solution
著者: 林, 宏成
佐々木, 千鶴
国本, 浩喜 link image link image
前田, 史郎
細井, 信造
桑江, 彰夫
花井, 一彦
Hayashi H.
Sasaki, Chizuru
Kunimoto, Ko-Ki
Maeda, Shiro
Hosoi, Shinzo
Kuwae, Akio
Hanai, Kazuhiko
発行日: 2005年
出版社(者): 日本分析化学会 = Japan Society for Analytical Chemistry
雑誌名: Bunseki Kagaku = 日本分析
ISSN: 0525-1931
巻: 54
号: 9
開始ページ: 799
終了ページ: 805
キーワード: Dabsylated amino acids
Dimer
Exciton chirality
Induced CD
抄録: ダブシルクロリド(Dabs-Cl)は,高速液体クロマトグラフィーなどによるタンパク質分析の際のアミノ酸標識剤である.著者らは,Dabs-Clで標識された一連のダブシル化アミノ酸(Dabs-AA)を合成し,紫外可視吸収スペクトル及び円二色性(CD)スペクトルを測定し,Dabs-AAの水溶液中での会合挙動を検討した.希薄水溶液では,Dabs-AAの可視部の吸収はジメチルアミノアゾベンゼン色素特有のpH依存性を示す.Dabs-AAの濃度上昇に伴い,500 nm付近のDabs-AAのモノマー由来の吸収は減少し,360~400 nm領域にダイマーに由来するピークが観測される.ダイマーの形成は共溶媒として用いたジメチルスルホキシド濃度,溶液温度及びアミノ酸側鎖(R)に依存する.Dabs-L-Pheの363 nmに観測されるダイマーの吸収帯に対応して,379 nmに負の第一コットン効果,359 nmに正の第二コットン効果をもつ強い誘起分裂型CDスペクトルが観測された.これらの結果から水溶液中では,Dabs-L-Pheは負のキラリティーを示す配向でダイマーを形成していることが示唆された.    A series of dabsylated amino acids (Dabs-AA) were prepared and their aggregation behavior in aqueous solution was studied by UV/Vis absorption and CD spectroscopies. Dabs-AAs show pH- dependent absorption in the visible region, characteristic of the dimethylamio azobenzene chromophore in a dilute aqueous solution. Upon increasing the concentration of Dabs-AAs, the visible absorption around 500 nm of the Dabs-AA monomer decreased its intensity, and a new band due to the Dabs-AA dimer appeared in the 360-400 nm region. Dimer formation depended on the DMSO co-solvent concentration, the solution temperature and the R-groups of amino acids. A split-type induced CD spectrum was observed for the dimer absorption band of Dabs-L- Phe at 363 nm: a negative first Cotton effect at 379 nm and a positive second Cotton effect at 359 nm. These results indicate that a pair of Dabs-L-Phe molecules were stacked with negative exciton chirality. © 2005 The Japan Society for Analytical Chemistry.
DOI: 10.2116/bunsekikagaku.54.799
URI: http://hdl.handle.net/2297/14504
関連URI: http://dx.doi.org/10.2116/bunsekikagaku.54.799
http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/54/9/54_799/_article/-char/ja
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 2005 by The Japan Society for Analytical Chemistry
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/14504

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください