DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > L. 学位論文 > c.医薬保健学総合研究科・医学系研究科 > 05.博士論文要旨 医薬保健学総合研究科(医学博士課程) *平成24年度以前 > 平成17年7月 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
watanabe-2005-24.pdf90.38 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Role of phosphatidylserine exposure and sugar chain desialylation at the surface of influenza virus-infected cells in efficient phagocytosis by macrophages
その他のタイトル: マクロファージによる効率よい細胞貪食におけるインフルエンザウイルス感染細胞表層でのホスファチジルセリン露出と精鎖脱シアル酸化の役割
著者: Watanabe, Yuichi
渡邉, 雄一
発行日: 2005年 7月
出版社(者): 金沢大学
雑誌名: 博士学位論文要旨 論文内容の要旨および論文審査結果の要旨/金沢大学大学院医学研究科
巻: 平成17年7月
開始ページ: 24
終了ページ: 24
内容記述: 取得学位 : 博士(医学), 学位授与番号 : 医博甲第1657号, 学位授与年月日 : 平成17年3月22日, 学位授与大学 : 金沢大学
その他の番号: 000007968790
PubMedID: 11884410
URI: http://hdl.handle.net/2297/15894
Contents: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11884410
資料種別: Others
版表示: publisher
出現コレクション:平成17年7月

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/15894

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください