DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-FUJIMURA-M-307.pdf1.89 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 多発性空洞陰影を呈した細気管支肺胞上皮癌の1例
その他のタイトル: A Case of Bronchiolo-alveolar Cell Carcinoma Presenting Multiple Cavities
著者: 西辻, 雅
坂東, 琢磨
安井, 正英
藤村, 政樹
渡辺, 洋宇
松田, 保
Nishitsuji, Masaru
Bando, Takuma
Yasui, Masahide
Fujimura, Masaki
Watanabe, Yoh
Matsuda, Tamotsu
発行日: 1996年 6月20日
出版社(者): 日本肺癌学会 = Proceedings of the Japanese Lung Cancer Society
雑誌名: 肺癌 = Japanese Journal of Lung Cancer
ISSN: 0386-9628
巻: 36
号: 3
開始ページ: 307
終了ページ: 312
キーワード: Bronchiolo-alveolar cell carcinoma
Check-valve mechanism
Multiple cavities
抄録: 49歳の女性.主訴は胸部異常陰影と乾性咳嗽.胸部X線像にて, 右中葉に浸潤影を認め除々に進展した.当科で細気管支肺胞上皮癌と診断し, 原発巣切除術を行ったが, 5ヵ月後対側肺に空洞を伴う結節影が多発性に出現し, 喀痰細胞診より肺内転移および再発と考えた.空洞陰影は増大し, 呼吸不全で死亡した.多発性空洞病変を形成する肺癌の肺内転移は稀だが, 本症例ではその機序として細気管支への腫瘍細胞浸潤による, チェックバルブ機構が考えられた. A 49-year-old woman was admitted with dry cough, and consolidation in the right middle lobe was predominant on a chest X-ray film in May 1994.Transbronchial biopsy was performed, and pathologically the diagnosis was bronchiolo-alveolar cell carcinoma.Five months after the surgery, cavitary shadows appeared in the left lung.The number of cavitary shadows increased, and the patient died due to respiratory failure.Intrapulmonary metastasis of lung cancer rarely presents with multiple cavitary shadows.In this case, a check-valve mechanism caused by the infiltration of cancer cells into the bronchiole may be responsible for the formation of multiple cavities.
URI: http://hdl.handle.net/2297/16810
関連URI: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003141792/
資料種別: Journal Article
権利関係: © 1996 The Japan Lung Cancer Society / Copyright (c) 1996 日本肺癌学会
本文データは日本肺癌学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/16810

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください