DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-NAKAYAMA-K-25_m.pdf361.59 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: Analysis of Signal Separation and Signal Distortion in Feedforward and Feedback Blind Source Separation Based on Source Spectra
その他のタイトル: フィードフォワード形およびフィードバック形ブラインド信号源分離における信号分離および信号歪の解析(適応信号処理・音響信号処理, 信号処理, LSI, 及び一般)
著者: 堀田, 明秀
中山, 謙二 link image
平野, 晃宏 link image link image
Horita, Akihide
Nakayama, Kenji
Hirano, Akihiro
ナカヤマ, ケンジ
発行日: 2005年 6月
出版社(者): IEICE The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers
雑誌名: 電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 = IEICE technical report SIP, Signal processing, (仙台)
ISSN: 0913-5685
巻: 105
号: 149
開始ページ: 25
終了ページ: 30
キーワード: ブラインド信号源分離
信号歪み
フィードフォワード
収束性
信号歪み抑制
Blind source separation
Signal distortion
Feedforward
Convergence property
Controlling signal distortion
抄録: ブラインド信号源分離では(BSS)は出力を独立にするように学習が行なわれる.したがって, 信号歪みが生じる可能性がある.フィードフォワード形ブラインド信号源分離(FF-BSS)は分離回路における自由度が高く, 出力信号を互いに独立にする学習が信号歪みを生じる可能性がある.信号を無歪みで出力するためにはなんらかの制約が必要になる.そこで信号歪みの基準を観測信号と考え, 完全分離の条件と無歪の条件から導かれた制約を学習の際に加味する信号歪み抑制学習法をこれまでに提案している[11].これにより信号源をs_i, 観測信号をx_i, 出力信号をy_iとするとき, 信号を分離するとともにy_iをx_iにおけるs_i成分のみに近づけることができる.一方, フィードバック形ブラインド信号源分離(FB-BSS)は信号分離と信号歪み抑制を同時に満たす.本稿では信号歪み抑制学習法を他の方式とさまざまな信号を使って比較することによりその特性を解析する. Source separation and signal distortion in three kinds of blind soure separation (BSS) systems with convolutive mixture are analyzed. They consist of two feedforward BSS system, one trained in the time domain and the other trained in the frequency domain, and a feedback BSS system, trained in the time domain. An evaluation measure of the signal distortion has been investigated and conditions for source separation and distortion free have been derived. Based on these conditions, source separation and signal distortion have been analyzed. The feedforward BSS systems have some degree of freedom and the output spectrum can be changed. The feedforward BSS system, trained in the frequency domain, has a weighting effect, which can suppress signal distortion. However, this weighting effect is only effective only when the source spectra are similar to each other. Since, the feedforward BSS system, trained in the time domain, does not have any constraints on signal distortion free, its output signals can be easily distorted. A new learning algorithm with a distortion free constraint has been proposed. On the other hand, the feedback BSS system can satisfy both source separation and distortion free conditions simultaneously. Performed simulation results support our theoretical analysis.
URI: http://hdl.handle.net/2297/18408
関連URI: http://www.ieice.org/jpn/index.html
http://ci.nii.ac.jp/naid/10016613212
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/18408

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください