DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-NAKAYAMA-K-1.pdf578.28 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: タンパク質の2次構造予測を行うニューラルネットワークにおける汎化能力の向上
その他のタイトル: Comparison of generalization methods for multilayer neural network applied to predicting protein secondary structure
著者: 福村, 健一
中山, 謙二 link image
平野, 晃宏 link image link image
Fukumura, Kenichi
Nakayama, Kenji
Hirano, Akihiro
ナカヤマ, ケンジ
発行日: 2004年11月
出版社(者): 電子情報通信学会 / 基礎境界ソサイエティ / 信号処理研究専門委員会
雑誌名: 第19回信号処理シンポジウム,八ヶ岳
巻: A5
号: 4
開始ページ: 1
終了ページ: 6
抄録: アミノ酸配列からタンパク質の二次構造を予測する階層形ニュートラルネットワークにおいて、汎化能力の向上について検討を行った。学習データにも依存するが、過学習が起こりやすい。しかし、学習に要する時間が膨大であり、学習データを増やすことなく汎化能力を高めることが望ましい。学習データが限られているので、学習データの周りで領域を広くカバーする必要がある。これは、学習中に活性化関数の傾斜を緩やかに制御することにより可能である。そのため、学習係数の制御、学習データに小さな雑音を混入、学習中における重みの減衰制御等について検討を行った。その結果、これらの方法は全て汎化能力を高めることができた。中でも、重みの抑制制御がもっとも高い予測精度を実現した。
URI: http://hdl.handle.net/2297/18415
関連URI: http://www.ieice.org/~sip/
http://www.ieice.org/jpn/index.html
資料種別: Conference Paper
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/18415

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください