DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > F- 5. 国際基幹教育院-外国語教育系(旧 外国語教育研究センター ) > f-5 20. 紀要 > 外国語教育フォーラム > 第03号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
forum-2009-03-kaneko-2.pdf245.1 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: [座談会] 金沢大学の初習言語教育 : 過去・現状・展望
その他のタイトル: Teaching Second Foreign Languages at Kanazawa University: Past, Present and Prospects for the Future
著者: 金子, 靖孝 link image
矢淵, 孝良 link image
三上, 純子
杉村, 安幾子 link image link image
Kaneko, Yasutaka
Yabuchi, Takayoshi
Mikami, Junko
Sugimura, Akiko
発行日: 2009年 3月
出版社(者): 金沢大学外国語教育研究センター
雑誌名: 外国語教育フォーラム = Forum of Language Instructors
巻: 3
開始ページ: 2
終了ページ: 20
抄録: 今日の日本では、「外国語教育」と言うとまず英語が挙げられる。これは世界における国際語としての英語の優位性を考えれば、ある意味当然とも言えるだろう。しかし、英語以外の外国語学習を疎かにして良いはずもなく、多文化共生が求められる現代社会においてこそ、様々な地域の言語・社会・文化への理解がより一層必要とされているはずである。本座談会では、金沢大学において長年初習言語教育に従事してきた三名の教員に、本学の初習言語教育の理念やカリキュラムについて過去から現在までを振り返りつつ、教学上の問題の所在とその解決方法について忌憚ない意見を交換してもらった。そこから、さらに今後目指すべき道を明らかにしていく。
URI: http://hdl.handle.net/2297/19332
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:第03号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/19332

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください