DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-ODA-M-961.pdf2.23 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 肺癌術後癌遺残,再発例に対するパクリタキセルの著効例(第18回日本肺癌学会肺癌ワークショップ)
その他のタイトル: Chemotherapy of Two Cases of Recurrent or Residual Non-small Cell Lung Cancer Responding Completely to Paclitaxel
著者: 小田, 誠 link image
谷内, 毅
田村, 昌也 link image link image
渡邊, 剛 link image
Oda, Makoto
Yauchi, Takeshi
Tamura, Masaya
Watanabe, Go
発行日: 2003年12月30日
出版社(者): Japanese Lung Cancer Society = 日本肺癌学会
雑誌名: Japanese Journal of Lung Cancer = 肺癌
ISSN: 0386-9628
巻: 43
号: 7
開始ページ: 961
終了ページ: 966
キーワード: Chemotherapy
Non-small cell lung cancer
Paclitaxel
パクリタキセル
非小細胞肺癌
化学療法
抄録: Purpose. In the has 4 years, we performed chemotherapy using paclitaxel (TXL) for 20 cases of recurrent non-small cell lung cancer and two cases of residual lung cancer patients. In this report, we present two cases showing complete remission. Case 1. The patient was a 69-year-old man who underwent an operation for stage IA adenocarcinoma. Thirty-eight months after the operation, this patient showed intrathoracic recurrence. No response was available after three couses of treatment using CDDP+VDS. This case was diagnosed as metachronous double primary lung cancer after the re-operation. Multiple recurrent tumors appeared in his left lung. Complete response was obtained after four courses of CBDCA+TXL. The patient is alive with no recurrence after seven courses of weekly TXL. Case 2. A 50-year old women underwent a non-curative operation for the tumor in the right S10 with intrathoracic dissemination. The pathological diagnosis was pT4NOM1, stage IV. The weekly TXL therapy was started because the residual tumors revelaed no response to the three courses of CBDCA+TXL. Complete response was obtained 20 months after the weekly TXL, therapy was started. The patient is alive with no sign of recurrence after 25 courses of weekly TXL therapy. Conclusion. Chemotherapy using TXL may be a promising regimen for the treatment of recurrent or residual non-small cell lung cancer. 目的.最近4年間に,非小細胞肺癌術後再発20例および術後癌遺残2例の計22例に対してパクリタキセルを用いた化学療法を施行した.このうちComplete Response (CR)が得られた2例を呈示する.症例1.69歳,男性.右腺癌(IA期)に対し手術を施行した.胸腔内再発を来し,シスプラチン+ビンデシンを3コース施行するも不変(NC)であった.再手術にて,多発癌と診断された.その後左肺に多発転移巣を認めたため,カルボプラチン+パクリタキセルを4コース施行し,転移巣はほぼ消失した.パクリタキセル隔週投与を計7コース施行し,現在再発の徴候は認めていない.症例2.50歳,女性.胸膜播種を伴う右S10の腫瘍に対して,手術(非完全切除)を施行した.中分化型腺癌(pT4NOM1,IV期)と診断された.カルボプラチン+パクリタキセルを3コース施行したが術後遺残した肺転移巣はNCであったため,パクリタキセル隔週投与を開始した.20ヵ月後CRが得られ,計25コース終了時点で一旦化学療法を中止した.現在無再発生存中である.結論.非小細胞肺癌に対するパクリタキセルを用いた化学療法は,術後再発例や癌遺残例に対しても治療の一選択肢となり得ると考えられた.
URI: http://hdl.handle.net/2297/20432
関連URI: http://www.haigan.gr.jp/
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138490
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 2003 日本肺癌学会 : 本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである relation: isVersionOf: http://ci.nii.ac.jp/naid/110003138490
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/20432

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください