DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-YAMANE-S-2664.pdf902.07 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 時間オートマトンによるソフトリアルタイムシステムの性能解析手法 (検証 / テストとデバッグ)
その他のタイトル: Performance Analysis Method of Soft Real-time Systems Using Timed Automata (Verification, Testing, and Debugging)
著者: 山根, 智    link image link image
Yamane, Satoshi
発行日: 2005年11月15日
出版社(者): Information Processing Society of Japan (IPSJ) = 情報処理学会
雑誌名: Transactions of Information Processing Society of Japan = 情報処理学会論文誌
ISSN: 0387-5806
巻: 46
号: 11
開始ページ: 2664
終了ページ: 2675
抄録: 近年, ハードリアルタイムシステムの仕様記述言語としては, タイミング制約が記述可能な時間オートマトンが定着しており, 最近, 時間オートマトン上でのハードリアルタイムオペレーティングシステムのスケジューラビリティ検証手法が開発された.一方, 最近では, 分散システムやマルティメディアシステムなどのソフトリアルタイムシステムが増加しており, その重要性が認識されている.ソフトリアルタイムシステムでは, その性能解析手法が重要である.本論文では, 時間オートマトンのハードリアルタイムシステムのスケジューラビリティ検証手法を価値の概念により拡張して, ソフトリアルタイム性の性能解析手法を開発する. Generally, hard real-time systems have been specified using timed automata, and moreover recently, the verification method of schedulability of real-time operating systems using timed automata have been developed. On the other hand, as soft real-time systems such as distributed systems and multimedia systems have been increasing, it is important to design soft real-time systems. Especially, performance analysis methods are important for soft real-time systems. In this paper, we develope the performance analysis method of soft real-time systems by extending the verification method of schedulability of hard real-time systems using utility functions.
URI: http://hdl.handle.net/2297/23627
関連URI: http://www.ipsj.or.jp/
http://ci.nii.ac.jp/naid/10016798693/en/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは情報処理学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/23627

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください