DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > A. 人間社会学域・研究域/文・法・経済・教育学部/教育学・人間社会環境・法務研究科 > a10. 学術雑誌掲載論文 > 1-4.査読済論文(教育) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ED-PR-KATAGIRI-K-1.pdf651.74 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 聴性脳幹反応(ABR)波間潜時に及ぼす刺激強度の効果 : 重度障害児のABR評価法との関連を中心に
その他のタイトル: Stimulus Intensity and Interpeak Latencies of the Auditory Brainstem Response : Assessment Strategies in Persons with Severe and Profound Mental Retardation
著者: 片桐, 和雄 link image
Katagiri, Kazuo
発行日: 1988年 8月27日
出版社(者): 日本特殊教育学会
雑誌名: 特殊教育学研究 = The Japanese journal of special education
ISSN: 0387-3374
巻: 26
号: 2
開始ページ: 1
終了ページ: 8
キーワード: auditory brainstem response (ABR)
interpeak latency
stimulus intensity
assessment strategy
persons with severe and profound mental retardation
聴性脳幹反応
波間潜時
刺激強度
評価法
重度障害児
抄録: 聴性脳幹反応(ABR)測定によって得られる脳幹機能と「きこえ」に関する客観的資料は、重度障害児教育の分野にとっても、重要な意義をもつ。ただ、その評価法にかかわる、I-V潜時への音刺激強度の効果に関して、これまで見解の対立があった。そこで、本研究において、この基本的問題を正常耳を対象に検討した。その結果、nHL、SL両レベルで、強度の上昇に伴ってI-V潜時は延長することが認められた。これによって、画一的強度の音刺激に対する反応の潜時にもとづく従来の類型的分類法は、その妥当性に問題があることが指摘された。したがって、聴覚閾値の上昇や脳幹機能の障害を背景とした、多様な潜時延長パターンを示すことが予想される重度障害児などのABR評価にあたっては、I-V潜時の刺激強度による影響を考慮して、V波出現閾値をふまえた強度レベルでの反応の潜時評価が必要である、と結論された。 The effects of stimulus intensity on the auditory brainstem response (ABR) peak latencies and interpeak latencies (IPL) were examined at several intensities of click stimuli above the normal hearing threshold (nHL) in 34 normal hearing adults (54 ears) and above the sensation threshold (SL) in those persons (15 ears). The results were as follows: 1. Changes in peak latencies and interpeak latencies (IPL) as a function of intensity were observed at normal hearing threshold (nHL) intensity standards. 2. With increases in intensity above sensation threshold (SL), wave I decreased in latency faster than wave V. This difference resulted in changes in the I-V interpeak latency (IPL) as a function of intensity. 3. A "transition zone" of wave I was not observed. These results suggest that the exclusive use of normal hearing threshold (nHL) intensity standards might result in false-negative auditory brainstem response (ABR) diagnosis in persons with severe and profound mental retardation whose acoustical hearing threshold had not been determined. In such cases, the use of an intensity level based on the auditory brainstem response (ABR) threshold, rather than on normal hearing threshold intensity standards, would be more adequate.
URI: http://hdl.handle.net/2297/23656
関連URI: http://www.jase.jp/
http://ci.nii.ac.jp/naid/110006784353/en/
資料種別: Journal Article
権利関係: 本文データは日本特殊教育学会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
版表示: publisher
出現コレクション:1-4.査読済論文(教育)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/23656

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください