DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > K. 科研費研究成果報告書,COE報告書 > k-3. 文部科学省COE報告書 > 21世紀COEプログラム:環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測 > バイカル巡検:サマースクール2006 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-COE-KAWAI-T-001.pdf1.63 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: The environmental changes in the area of Lake Baikal last 12 million years and marks of Lake Baikal research
著者: Kawai, Takayoshi
河合, 崇欣
発行日: 2006年 8月
出版社(者): 金沢大学21世紀COEプログラム環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測
引用: バイカル巡検:サマースクール2006,pp.15-33
抄録: Abstract - Deeper understanding of ecosystem is desired for better environmental protection and control. Historical events sometimes caused accidentally new structures of ecosystem. Natural laws behind the various phenomena may be clearer in the period of drastic change of climate or other environmental conditions. The lake drilling science seems well complementary for a breakthrough of ecology with its unique, continuous and general records. Here, a small discussion is made about the new possibility of the lake drilling science when it is conjugated with ecological science, phylogeny and evolution.
URI: http://hdl.handle.net/2297/2376
資料種別: Research Paper
出現コレクション:バイカル巡検:サマースクール2006

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/2376

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください