DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-NAKATANI-T-67.pdf479.25 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 肘窩における皮静脈と皮神経の走行関係 : 静脈穿刺技術のための基礎研究
その他のタイトル: Positional relationship between the superficial venous and cutaneous nerve distributions in the cubital fossa: Basic study for venous puncture techniques
著者: 木森, 佳子
臺, 美佐子
須釜, 淳子 link image link image
中谷, 壽男 link image link image
Kimori, Keiko
Dai, Misako
Sugama, Junko
Nakatashi, Toshio
発行日: 2010年
出版社(者): コ・メディカル形態機能学研究会
雑誌名: 形態・機能 = Structure and function  
ISSN: 1347-7145
巻: 8
号: 2
開始ページ: 67
終了ページ: 72
キーワード: 肘窩
皮静脈
皮神経
上腕動脈
静脈穿刺
Cubital fossa
Cutaneous nerve
Superficial vein
Brachial artery
Venipuncture
抄録: 肘窩の静脈穿刺で神経損傷を防ぐには、皮静脈と皮神経の走行位置関係を知り、どの皮静脈に、どのように穿刺するのが適切かを知ることが重要である。今回、御遺体24 右上肢を用いて、肘窩の皮静脈と皮神経の走行位置関係を調べた。内・外側上顆を結ぶ線(肘窩線と呼ぶ) より近位では、内側前腕皮神経が尺側皮静脈の浅層を伴下行し、肘正中皮静脈の内側部位の浅層を交差するものがあった。外側前腕皮神経は橈側皮静脈の深層を伴下行していた。肘窩線より遠位では、内側・外側前腕皮神経は枝分かれし、尺側・橈側皮静脈の内外側を伴行していた。肘正中皮静脈の外側部位の浅層を交差する皮神経は少なかったが、上腕動脈がこの静脈に伴行するように腱膜の深層を走行していた。よって、静脈穿刺では肘窩線より遠位の静脈を対象とし、注射針の穿刺部位は、皮静脈の内外側からではなく、直上が適当で、かつ針が皮静脈を貫通しないようにすることが重要であると示唆された。To prevent injuring nerves by venous puncture in the cubital fossa, it is necessary to clarify the positional relationship between the cutaneous nerve and superficial venous distributions, and identify the appropriate cutaneous vein and how to puncture it. In this study, we investigated the positional relationship between the cutaneous nerve and superficialvenous distributions in the cubital fossa in 24 cadaveric right arms. In the proximal region from a line connecting the medial and lateral epicondyles (designated as the cubital fossa line), the medial antebrachial cutaneous nerve descended along the superficial layer of the basilic vein, and crossed the ulnar median cubital vein in some arms. The lateral antebrachial cutaneous nerve descended along the deep layer of the cephalic vein. In the distal region from the cubital fossa line, the medial and lateral antebrachial cutaneous nerves branched and were distributed along the medial and lateral sides of the basilic and cephalic veins. Fewer cutaneous nerves crossed the superficial layer of the radial median cubital vein, but the brachial artery was distributed in the aponeurosis deep layer along this vein. Based on these findings, on venous puncture in the cubital fossa, a distal superficialvein from the cubital fossa line should be vertically punctured, avoiding penetrating the vein.
URI: http://hdl.handle.net/2297/24250
資料種別: Journal Article
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/24250

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください