DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 2.査読済論文(薬) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
PH-PR-HAYAKAWA-K-617.pdf619.35 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 重油のエストロゲン作用とその評価法 (<特集>環境ホルモンと分析化学)
その他のタイトル: Estrogenic activity of heavy oil and its assay method (<Special Article>Endocrine Disrupting Chemicals and Analytical Chemistry)
著者: 木津, 良一 link image
加藤, 詳子
薄井, 修
早川, 和一 link image link image
Kizu, Ryoichi
Kato, Shoko
Usui, Osamu
Hayakawa, Kazuichi
発行日: 1999年 5月 5日
出版社(者): The Japan Society for Analytical Chemistry = 日本分析化学会
雑誌名: 分析化学 = Japan analyst
ISSN: 0525-1931
巻: 48
号: 6
開始ページ: 617
終了ページ: 622
キーワード: estrogenic activity
PgR expression assay
MCF-7
heavy oil
抄録: エストロゲン作用の新しいin vitroアッセイ法として, ヒト乳がん由来MCF-7細胞におけるプロゲステロン受容体(PgR)の発現量を指標とする方法を提案し, 現在最もはん用されてぃるE-Screenアッセイ法と比較するとともに, C重油のエストロゲン作用を検討した. 試料としては, 重油のエタノール抽出物を用いた. PgRの発現量をウエスタンブロット法で測定したところ, 17β-エストラジオール(E_2)処理によりPgRの発現量が高まり, 更にE_2アンタゴニストであるタモキシフェンの処理を加えるとPgRの発現量は減少した. E-Screenアッセイにおいても, E_2及びタモキシフェン処理に対して類似の応答を示し, PgR発現量がエストロゲン作用の良い指標であることが明らかになった. 次に, 重油抽出物のエストロゲン作用について検討した. E_2非存在下では重油抽出物の処理でわずかながらPgRの発現量が高まったが, E_2存在下ではPgRの発現量は減少した. 以上の結果から, 重油中には弱いエストロゲン作用を示し, E_2アンタゴニストとして作用する化合物が含まれることが明らかとなった. また, 重油抽出物の処理では死細胞数の増加が観察された. 重油や環境試料のように細胞死を引き起こす成分を含む可能性がある試料については, 本研究のPgRの発現量を指標とする方法が適していると考えられた. The authors have proposed a new in vitro assay method for estrogenicity. The cellular progesterone receptor (PgR) level in the human breast cancer cell line MCF-7 was measured because PgR has been known to be upregulated by 17β-estradiol (E_2). The cellular PgR level was measured by a western blotting technique. While an E_2 treatment increased the PgR level, tamoxyfen, a typical E_2 antagonist decreased the PgR level elevated by the E_2 treatment. These results revealed that the cellular PgR level is a good indication to evaluate the estrogenicity. Next, the estrogenic activities of Nakhodka heavy oil and a commercial C-heavy oil were examined. Heavy oil crude extracts prepared with ethanol were subjected to the assay. While the extracts increased the PgR level under the E_2-free condition, the extracts decreased the PgR level elevated by the E_2 treatment. These results indicate that the heavy oil contains compounds which show weak estrogenic activity and act as E_2 antagonists. Dead cells were observed after the oil extract treatment, and their number increased with an increase of oil extract concentration in the cell-culture medium. Environmental samples such as oil-extract, river water, and air particulate extract comprise a wide variety of compounds, and are thought to have a cell-killing effect. A cellular PgR expression method is considered to be more appropriate for assessing the estrogenic activities of environmental samples, compared with the existing assay methods, such as the cell-proliferation method (E-Screen assay) and the reporter-gene methods.
URI: http://hdl.handle.net/2297/25012
関連URI: http://www.jsac.or.jp/index.html
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002905735/en/
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 1999 日本分析化学会
版表示: publisher
出現コレクション:2.査読済論文(薬)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/25012

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください