DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(理) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00141768-TAZAKI-107-2.pdf2.12 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 生体鉱物化作用によりバイオフィルムに形成したschwertmannite
その他のタイトル: Biomineralization of schwertmannite on the surface of biofilm
著者: 佐々木, 直哉
田崎, 和江 link image
Sasaki, Naoya
発行日: 2001年10月
出版社(者): 日本地質学会
引用: 地質学雑誌,107(10) (通号 1273),pp.659-666
雑誌名: 地質学雑誌
ISSN: 0016-7630
巻: 107
号: 10
開始ページ: 659
終了ページ: 666
キーワード: biofilm
bacteria
biomineralization
schwertmannite
atomic-force microscopy
抄録: 岐阜県平湯鉱山に形成されたバイオマットと坑口の廃水を用いた自然培養実験により, バイオフィルムは水面に形成された.光学顕微鏡や電子顕微鏡により, このバイオフィルム中には, 多数のバクテリアが観察された.このバイオフィルム自体は, 形態や化学組成, 電子線回折(2.5 Å, 1.5 Å)によりschwertmanniteと同定された.またこのバイオフィルムは, バクテリアによりたった2週間で形成された.さらに原子間力顕微鏡により, バイオフィルム表面にnmサイズの凹凸が観察され, バイオフィルムの形成過程が示唆された.本研究で明らかになったFe-硫酸塩鉱物のバイオミネラリゼーションによる形成は, 還元的な環境だけでなく酸化的な環境でもバクテリアが重要な役割を果たしていることが示唆された. Biofilm was formed on the surface of culture solution using mining waste water, collected from Hirayu mine in Gifu Prefecture. Both optical and electron microscopy showed that numerous bacteria are involved in this biofilm. On the surface of the biofilm schwertmannite (Fe_8O_8(OH)_6SO_4) was identified using electron diffraction pattern (2.5 Å and 1.5 Å). The experimental observations revealed that the Fe-sulfate mineral was microbiologically formed for only 2 weeks. Atomic-force microscopy showed that the formation processes of the biofilm with submicron rugged structure on the primitive stage. Fe-sulfate biomineralization in mining waste water carries an important role in not only anaerobic condition but also oxydizing condition.
URI: http://hdl.handle.net/2297/2563
資料種別: Journal Article
権利関係: 日本地質学会の許諾を得て登録
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(理)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/2563

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください