DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-SEKIZUKA-N-19.pdf1.48 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 出産満足度と出産後ストレス反応の関連
その他のタイトル: Relationship between the degree of satisfaction with delivery and postpartum stress responses
著者: 関塚, 真美 link image link image
Sekizuka, Naomi
発行日: 2005年12月31日
出版社(者): 日本助産学会 = Japan Academy of Midwifery
雑誌名: 日本助産学会誌 = Journal of Japan Academy of Midwifery
ISSN: 0917-6357
巻: 19
号: 2
開始ページ: 2_19
終了ページ: 2_27
キーワード: 出産満足度
産後うつ傾向
ストレス反応
s-IgA
抄録: 目的 産後うつ傾向を早期に発見することの意義は, 心理的健康障害を阻止できることにある。産後うつ傾向の原因は一般に急激な内分泌変動と考えられているが, 出産満足度が低いと産後うつ傾向が高いことも指摘されている。本研究は産後うつ傾向を出産後ストレス反応と位置づけ, ストレス反応を産後うつ尺度およびストレス関連物質にて評価し, 出産満足度と出産後ストレス反応の関連を明らかにすることを目的とした。 対象および方法 調査期間は2004年4月から10月であった。対象者は54名で, 妊娠末期と産褥早期に質問紙調査とストレス関連物質の測定を実施した。質問紙では「基本的属性」, 「分娩経過」, 「出産時不安尺度」, 出産満足度として「出産体験の自己評価尺度」, ストレス反応の主観的指標として「産後うつ尺度」を調査し, ストレス関連物質として分泌型免疫グロブリンA (secretory Immunoglobrin A : 以下, s-IgA) を測定した。 結果 出産満足度の低い群は高い群に比較し, 産後うつ得点が高く (35.1±7.9点), s-IgAが低値 (23.8±13.4μg/ml) であったことから, 満足度の低い群ではストレス反応が高いことが示された。しかし, 産後うつ傾向が高い群はs-IgAが有意に低いということはなく, ストレス反応の評価には関連がなかった。 結論 出産満足度の低い群は, 高い群に比較し産後うつ傾向が高く免疫能が抑制されていることから, ストレス反応が高いことが示され, 出産満足度を高める意義が示唆された。
DOI: 10.3418/jjam.19.2_19
URI: http://hdl.handle.net/2297/28412
関連URI: JST.JSTAGE/jjam/19.2_19
http://square.umin.ac.jp/jam/
http://ci.nii.ac.jp/naid/10020402825
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 2008 日本助産学会
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/28412

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください