DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-TANAKA-R-28.pdf1.01 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: BN添加鋼の穴加工
その他のタイトル: Drilling of BN added free-machining steel
著者: 田中, 隆太郎 link image
山根, 八洲男
上田, 隆司 link image
細川, 晃 link image link image
白神, 哲夫
Tanaka, Ryutaro
Yamane, Yasuo
Ueda, Takashi
Hosokawa, Akira
Shiraga, Tetsuo
発行日: 2008年 1月 1日
出版社(者): 砥粒加工学会 = The Japan Society for Abrasive Technology
雑誌名: 砥粒加工学会誌 = Journal of the Japan Society of Grinding Engineers
ISSN: 0914-2703
巻: 52
号: 2
開始ページ: 28
終了ページ: 33
キーワード: drilling
free-machining steel
h-BN
high speed steel
tool wear
cutting force
cutting temperature
抄録: 本報告は,BNが添加された鋼のドリル加工における被削性について述べている.穴加工は旋削加工,フライス加工とともに,切削加工の中でも大きなウェイトを占める重要な加工である.そこで,比較的新しく開発された快削鋼であるBN添加鋼についてハイスドリルを用いた穴加工を行い,標準鋼であるJIS S45Cと比較し,被削材中の化学成分が工具寿命に与える影響を調査し被削性を評価した.切削実験を行った結果,BN添加鋼は標準材と比べ長い工具寿命が得られることが明らかとなった.このことからハイスドリルによる比較的低速のドリル加工においてもBN添加鋼が優れた被削性を示すことがわかった.また,BNの添加による切削温度への影響を調べるために工具-被削材熱電対法で切削温度の測定を行った.切削温度はほぼ同程度であり,切削抵抗はわずかではあるが低い値を示すことがわかった.
URI: http://hdl.handle.net/2297/28416
関連URI: http://www.jsat.or.jp/
http://ci.nii.ac.jp/naid/10020028299
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 2009 社団法人 砥粒加工学会
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/28416

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください