DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c10. 学術雑誌掲載論文(医・保健) > 1. 査読済論文(医学・保健) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
ME-PR-SUZUKI-N-111.pdf1.36 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: コラーゲン含有飲料摂取による顔面皮膚性状の変化
その他のタイトル: Change in Facial Skin Quality after Consuming a Collagen Containing Beverage
著者: 伊藤, まゆ
三樹, 美夏
林, 浩孝
新井, 隆成 link image
鈴木, 信孝 link image link image
上馬塲, 和夫
Ito, Mayu
Miki, Mika
Hayashi, Hirotaka
Arai, Takanari
Suziki, Nobutaka
Uebaba, Kazuo
発行日: 2009年
出版社(者): 日本補完代替医療学会 = The Japanese Society for Complementary and Alternative Medicine
雑誌名: 日本補完代替医療学会誌 = Japanese journal of complementary and alternative medicine
ISSN: 1348-7922
巻: 6
号: 2
開始ページ: 111
終了ページ: 118
キーワード: コラーゲン含有飲料
顔面皮膚水分
下眼瞼皺数
collagen-containing beverage
facial skin moisture content
lower eyelid wrinkles
抄録: コラーゲン含有飲料の 1ヶ月間摂取による顔面皮膚の変化を,計測機器による指標を使って予備的に検討した.61 名の健常女性(年齢 25–68,34±8 歳)を対象とし,文書による同意を得た後,コラーゲン 5 g 飲料/日摂取群(30 名)と 10 g 飲料/日摂取群(31 名)に無作為に割り付けし,摂取前と後 1 週目と 1ヶ月目の顔面(両頬部)皮膚水分と下眼瞼の皺数を測定した.皮膚水分と皺数に関して,改善した反応例と変化がない無反応例に分類したところ, 10 g 摂取群では 5 g 摂取群より高い 5 割の反応率が得られた.反応例は無反応例より摂取前において皺数が多く皮膚水分が低いこと,皺数は 1 週間目から有意な改善をみることが示された.また本飲料が安全であることも示された.今後,皮膚の異常性状例を対象にして,コラーゲン 10 g/日を,1 週間あるいは 1 ヶ月月間投与する二重盲検試験により有効性を評価する研究の必要性が示された. We conducted a preliminary study of the facial skin-improving effects of collagen-containing beverages as evaluated by objective indices. After obtaining written informed consent, 61 healthy females (age: 25–68, 34±8 y.o.) were randomly divided into two groups, receiving beverages containing 5 g (N=30) and 10 g (N=31), respectively, of collagen daily for one month. Facial skin moisture content and lower eyelid wrinkles were assessed before, 1 week and 1 month after consuming the test beverages. Results were analyzed of the 5 g and 10 g groups, as well as responder and non-responder groups. 10 g collagen beverages showed 50% effectiveness, and were more effective than the 5 g beverage; the effect was observable within 1 week. Furthermore, subjects with more wrinkles and drier skin showed greater benefit than those with higher facial skin moisture content and/or fewer wrinkles. It is suggested that a beverage containing 10 g collagen should be used for aged subjects with more wrinkles and/or drier skin for a period of 1–2 months in future randomized placebo-controlled trials of collagen-containing beverages.
DOI: 10.1625/jcam.6.111
URI: http://hdl.handle.net/2297/28443
関連URI: http://www.jcam-net.jp/index.html
http://ci.nii.ac.jp/naid/130000129039
JST.JSTAGE/jcam/6.111
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright (c) 2009 日本補完代替医療学会
版表示: publisher
出現コレクション:1. 査読済論文(医学・保健)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/28443

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください