DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学つるま保健学会誌 > 35巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AA11599711-35-1-53-60.pdf974.07 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 急性骨髄性白血病におけるNPM、FLT3、CEBPA遺伝子変異の同時検出の試み
その他のタイトル: Attempt of simultaneous detection of NPM, FLT3 and CEBPA gene mutations
著者: 藤嶋, ゆみえ
大竹, 茂樹 link image link image
竹本, 賢一
Fujishima, Yumie
Ohtake, Shigeki
Takemoto, Kenichi
発行日: 2011年 7月31日
出版社(者): 金沢大学つるま保健学会 = the Tsuruma Health Science Society, Kanazawa University
雑誌名: 金沢大学つるま保健学会誌 = Journal of the Tsuruma Health Science Society Kanazawa University
ISSN: 1346-8502
巻: 35
号: 1
開始ページ: 53
終了ページ: 60
キーワード: acute myeloid leukemia
gene mutation
nucleophosmin
fms-like tyrosine kinase receptor-3
CCAAT/enhancer-binding protein-α
抄録: 近年、これまで予後中間群とされてきた正常核型の急性骨髄性白血病(AML)が、いく つかの遺伝子変異の有無により予後の予測ができることが明らかになってきた。この遺伝 子変異の中でもnucleophosmin(NPM)、fms-like tyrosine kinase receptor-3(FLT3)、 CCAAT/enhancer-binding protein- (CEBPA)遺伝子変異が重要視されている。本研 究ではサンプルとして骨髄および末梢血分離細胞から抽出、調整したcDNAとgenomic DNAのみならず、これらの塗抹保存標本から抽出したgenomic DNAを用い、PCR-Gene Scan法によってNPM、FLT3およびCEBPA遺伝子変異の同時検出法の実用化を試みた。 プライマーを異なる蛍光色素で標識し、また異なる大きさのPCR産物ができるように設計 すると、多種類の遺伝子変異を同時に検出することが確認できた。しかしながら、その感 度は白血病細胞が10%程度以上存在することが必要であった。この検査法を用いれば、簡 便かつ迅速に白血病の遺伝子検査を実施することができるので、臨床検査法として病院検 査部の業務として採用できるようにさらに精度の検討を行っていくことが必要と考えられ た。【Aim】Nucleophosmin (NPM), internal tandem duplications in the fms-related tyrosine kinase 3 (FLT3-ITD) and CCAAT/enhancer-binding protein- (CEBPA) gene mutations have recently attracted considerable attention in acute myeloid leukemia (AML) with normal karyotype. We investigated the method that can easily and simultaneously detect these aberrations. 【Method】Genomic DNA specimens were collected from not only fresh bone marrow or peripheral blood cells but also smears of these samples. We also extracted and synthesized cDNA from these fresh cells. In all samples, presence of NPM, FLT3 and CEBPA gene mutations were examined by multiplex PCR assay using several colored fluorescence labeled primers, followed by capillary electrophoresis using ABI Prism 310 Genetic Analyzer. In order to easily discriminate gene mutations, we used primers that could amplify PCR products of different size. Abnormal profiles of NPM were confirmed by direct sequencing. 【Result】Ten (20%) NPM and 7 (14%) FLT3-ITD mutations were detected in 49 AML patients. One (2.0%) TAD 1, 15 (30.6%) TAD 2 and none bZIP mutations of CEBPA could be detected in these patients. In analysis of sensitivity, leukemic cells had to be present more than 10% in original sample.  This PCR-Gene Scan method is easily and rapidly performed. We suggest that these assays may be introduced in routine analysis of genetic alterations in AML in hospital laboratory after closer examination of accuracy. More samples from uniformly treated patients should be collected to analyze the relationship between these aberrations and the prognosis of them.
内容記述: [原著:Originals]
URI: http://hdl.handle.net/2297/28563
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:35巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/28563

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください