DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > G- 5. 資料館 > g-5 20. 紀要・広報 > 金沢大学資料館紀要 > 第07号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AA11463232-7-41-52.pdf2.44 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 四高のきのこムラージュ第2 報 : 皮膚ムラージュの祖土肥慶蔵ときのこムラージュの達人山越長七郎
その他のタイトル: Follow-up report of mystery of fungi moulages used in Japan 4th senior high school Shi-ko - skin moulage by Keizo Doi and fungus moulage by Chousichirou Yamakoshi
著者: 河原, 栄 link image
佐久間, 大輔 link image link image
加藤, 克
赤石, 大輔
古畑, 徹 link image link image
Kawahara, Ei
Sakuma, Daisuke
Kato, Masaru
Akaishi, Daisuke
Furuhata, Toru
発行日: 2012年 3月
出版社(者): 金沢大学資料館 = Kanazawa University Musium
雑誌名: 金沢大学資料館紀要 = Bulletin of The Kanazawa University Musium
巻: 7
開始ページ: 41
終了ページ: 52
抄録: 昨年度の金沢大学資料館紀要で、自然科学研究科の新校舎への移転に際して四高時代のきのこの蝋模型が発見され、角間の里記念館を経て金沢大学資料館に移管されることになった経緯を書いた。そして、蝋模型の多くが当時の皮膚科で教育用に作られた皮膚ムラージュと同様の技法で作られていること、東京大学医学部にも同じ標本が保存されていたこと、金沢大学への導入者はドクササコの新種記載を行った事で知られる理学部の市村塘であることが明らかになった。しかし、蝋模型の制作者と、それに続く金沢大学への流入経路が謎として残った。今回、引き続き全国的な調査を継続した中で、民間の教育標本制作者である山越長七郎が中心人物として浮かび上がり、東京大学医学部と密な接触があったことに加え、東大と四高のきのこ蝋模型の製作者であったことが明 らかになったので、ここに報告する。
URI: http://hdl.handle.net/2297/30406
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:第07号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/30406

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください