DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > A. 人間社会学域・研究域/文・法・経済・教育学部/教育学・人間社会環境・法務研究科 > a20. 紀要・研究報告等 > 61. 金沢大学人間科学系研究紀要 > Vol.4 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
1883-5368-4-2012-OKADA-T-19.pdf377 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 現代青年の友人関係に関する新たな尺度の作成 : 傷つけ合うことを回避する傾向を中心として
その他のタイトル: Developing a new friendship scale for adolescents : “not to be hurt by friends” and “not to hurt friends”
著者: 岡田, 努 link image link image
Okada, Tsutomu
発行日: 2012年 3月31日
出版社(者): 金沢大学人間社会研究域人間科学系
雑誌名: 金沢大学人間科学系研究紀要 = Bulletin of the Faculty of Human Science, Kanazawa University
ISSN: 1883-5368
巻: 4
開始ページ: 19
終了ページ: 34
キーワード: 心理学
青年期
友人関係
自尊感情
psychology
adolescent
friendship
self-esteem
抄録: 本研究は,青年の友人関係に関して,友人から傷つけられることを回避する傾向及び友人を傷つけることを回避する傾向に特化した尺度(傷つけ合い回避尺度)を作成し,その信頼性と妥当性を検討したものである.234 名の高校生と227 名の大学生に対して,友人関係,配慮・熟慮,被受容感,被拒絶感,自尊感情に関する各尺度についての質問紙調査が実施された.その結果,友人関係については,新たに作成さ れた36 項目の尺度項目から「傷つけられ回避」「距離確保」「礼儀」「傷つけ回避」と命名しうる4因子が得られ,高い内的一貫性が認められた.また「配慮・熟慮」との間で関連する下位尺度に高い相関が見られたことから併存的妥当性も確認された.さらに構成概念妥当性の確認のため,先行研究(岡田,2011)と同様のモデルでの共分散構造分析を行った結果,十分な適合度が得られ,岡田(2011)と同様に,「友人から傷つけられることを回避する」ことが,「友人から傷つけることを回避する心性」を経て,「被拒絶感」を抑制し,結果的に自尊感情を維持させる構造が示された.This study develops the “friendship scale” focusing on adolescents that measures two features: “being careful not to be hurt by their friends” and “being careful not to hurt their friends.” A survey that measured friendship, concern for others/discreteness, sense of acceptance, sense of rejection, and self-esteem was administered to 234 senior high school students and 227 college students. Survey results showed that the 36 items of the friendship scale conformed to a 4-factor structure with high internal consistency. Concurrent validity was indicated by high correlation with the “concern for others/discreteness” scale. A structural equation modeling analysis was employed to test the construct validity. The results suggest that the tendency of “being careful not to be hurt by their friends” inhibited the “sense of rejection” in the subjects through “being careful not to hurt their friends,” and ultimately improved their self-esteem according to the model of Okada (2011).
URI: http://hdl.handle.net/2297/30410
資料種別: Departmental Bulletin Paper
版表示: publisher
出現コレクション:Vol.4

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/30410

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください