DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > K. 科研費研究成果報告書,COE報告書 > k-3. 文部科学省COE報告書 > 21世紀COEプログラム:環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測 > ナホトカ号重油流出事故から10年 : 私たちは何を学んだか? >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
COE-PR-MINEKI-S-3801.pdf1.61 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 三国海岸に漂着した重油中の多環芳香族炭化水素のビレン資化性細菌による分解
著者: 峯木, 茂
後藤, 純雄
Mineki, Shigeru
Goto, Sumio
発行日: 2006年12月
出版社(者): 金沢大学21世紀COEプログラム;環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測(金沢大学)
引用: ナホトカ号重油流出事故から10年 : 私たちは何を学んだか?,金沢大学21世紀COEプログラム;環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測,pp.38-39
10 years after the Nahodka oil spill in the Sea of Japan,pp.38-39
雑誌名: 10 years after the Nahodka oil spill in the Sea of Japan
ISBN: 4-9901809-1-7
開始ページ: 38
終了ページ: 39
URI: http://hdl.handle.net/2297/3257
資料種別: Research Paper
出現コレクション:ナホトカ号重油流出事故から10年 : 私たちは何を学んだか?

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/3257

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください