DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > E. がん進展制御研究所(旧がん研究所) > e20. 紀要・報告書 > 金沢大学がん研究所共同研究成果報告書 >

2010年 : [13]

コレクションのホームページ

 
 
あるいは、ブラウズ 
このコレクションを購読する
検索結果表示: 1 - 13 / 13
発行日タイトル著者
2011年 4月消化器がんにおけるCD44 の発現意義および治療抵抗性の分子機構佐谷, 秀行; Saya, Hideyuki
2011年 4月骨転移能を有する癌細胞と骨芽細胞の接触による相互作用の検討上原, 久典; Uehara, Hisanori
2011年 4月ウイルス挿入変異によって同定されたがん関連遺伝子Jmjd5 の血液・血管の発生における機能解析原, 孝彦; Hara, Takahiko
2011年 4月消化器がんの悪性化におけるがん抑制遺伝子p53 の役割大木, 理恵子; Ohki, Rieko
2011年 4月悪性脳腫瘍におけるMT1-MMP とCD133 との相互作用の解析中田, 光俊; Nakada, Mitsutoshi
2011年 4月増殖因子シグナルの破綻が導くがん化シグナル制御の分子機構鈴木, 堅太郎; Suzuki, Kentaro
2011年 4月スーパークルクミン誘導体を用いた胃がんの治療、予防法の開発に関する基礎的検討柴田, 浩行; Shibata, Hiroyuki
2011年 4月転写因子Runx3 の胃がん発がんの分子機序における役割伊藤, 公成; Ito, Kosei
2011年 4月SMS 抑制による細胞死誘導セラミド・シグナル増強を介したATM 遺伝子欠損マウスにおけるリンパ腫発症機構の制御岡崎, 俊朗; Okazaki, Toshiro
2011年 4月分子イメージングによる組織幹細胞可視化法の開発原, 英二; Hara, Eiji
2011年 4月ケモカイン BRAK/CXCL14 トランスジェニックマウスによる発癌と転移の抑制機構の研究: 副作用のない癌のドーマントセラピーを目指して畑, 隆一郎; Hata, Ryu-ichiro
2011年 4月構造生物学を基盤とするHGF-Met 系阻害の分子創薬研究木下, 誉富; Kinoshita, Takayoshi
2011年 4月平成22年度 表紙金沢大学がん研究所
検索結果表示: 1 - 13 / 13

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください