DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-MIYAJIMA-M-20.pdf1.5 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 地震動スペクトルのパラメータによる地盤増幅度の表現と地震規模依存性の評価
その他のタイトル: Representation of amplificatipon factor using spectrum of earthquake ground motion and magnitude
著者: 西川, 隼人
宮島, 昌克 link image link image
Nishikawa, Hayato
Miyajima, Masakatsu
発行日: 2010年
出版社(者): 土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
雑誌名: 土木学会論文集A1(構造・地震工学)= JSCE Journal of Earthquake Engineering
ISSN: 2185-4653
巻: 66
号: 1
開始ページ: 20
終了ページ: 29
キーワード: PGA
PGV
amplification factor
source spectrum
fc
fmax
Mw
抄録: 本論文ではパーセバルの定理と極値理論により導いた地震動スペクトルと地盤増幅度の関係式に基づき,地盤増幅度の地震規模依存性を調べた.最大地動加速度と最大地動速度を対象に得られた関係式と模擬地震波形から求めた地盤増幅度を比較したところ,良い対応が見られた.続いて,震源スペクトルのパラメータであるコーナー振動数fcや高域遮断振動数fmaxによる地盤増幅度の変化を調べるために,地盤増幅度をfcやfmaxによって表現した.この過程でfcの地盤増幅度への影響は最大地動速度が最大地動加速度に比べて大きいこと,fmaxによる影響は最大地動加速度では明瞭に見られるが,最大地動速度では小さいことが明らかになった.モーメントマグニチュードMWと地盤増幅度の関係を調べたところ,最大地動速度の地盤増幅度はMWによる影響が顕著であった.This study examines dependency of amplification factor on earthquake magnitude based on a relation between spectrum of earthquake motion and site amplification factor derived by Parseval's theorem and extreme value theory. Amplification factor evaluated from a formula proposed here, and one estimated from artificial wave have a good agreement in their comparison. We represented amplification factor by using corner frequency fc and cut off frequency fmax to examine influence of fc and fmax to amplification factor. It is clarified that influence of fc for PGV is larger than that for PGA and influence of fmax clearly affects for PGA but less for PGV. Relationship between moment magnitude Mw and amplification factor is also estimated. Mw is seemed to affect an amplification factor for PGV rather than that for PGA.
DOI: 10.2208/jscejseee.66.20
URI: http://hdl.handle.net/2297/36233
関連URI: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jscejseee/-char/ja/
http://www.jsce.or.jp/
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright © Japan Society of Civil Engineers 土木学会 | 許可を得て登録
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/36233

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください