DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > B. 理工学域・研究域/理工学部/自然科学研究科 > b10. 学術雑誌掲載論文 > 1.査読済論文(工) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
TE-PR-IKEMOTO-T-107.pdf1.09 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 振動台を用いた間知ブロック積み擁壁の振動特性と破壊機構に関する実験的研究
その他のタイトル: Experimental study on behavior of kenchi block masonry wall with the shaking table test during by vibration characteristics and failure mechanism
著者: 池本, 敏和 link image link image
森, 雅士
宮島, 昌克 link image link image
橋本, 隆雄
村田, 晶 link image link image
Ikemoto, Toshikazu
Mori, Masashi
Miyajima, Masakatsu
Hashimoto, Takao
Murata, Akira
発行日: 2011年
出版社(者): 土木学会 = Japan Society of Civil Engineers
雑誌名: 土木学会論文集F6(安全問題) = Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. F6 (Safety Problem)
ISSN: 2185-6621
巻: 67
号: 2
開始ページ: I_107
終了ページ: I_112
キーワード: retaining wall
vibration characteristics
collapse mechanism
acceleration response magnification
抄録: 日本では,地震による間知ブロック積み擁壁の被害が多発している.そこで,間知ブロック積み擁壁の振動特性と破壊機構に関する実験的研究を行った.実験データは加速度による応答倍率,変位,土圧を測定した.擁壁は振動によって,盛土の沈下が発生し擁壁中部から破壊することがわかった. There are many earthquake damages of kenchi block masonry wall. So, we carried out experimental studies on the collapse mechanism of kenchi block masonry wall during earthquake. From these experimental data, i.e. acceleration response magnification, displacement and soil pressure were found to destroy the central wall vibrations caused by the subsidence of the embankment.
DOI: 10.2208/jscejsp.67.I_107
URI: http://hdl.handle.net/2297/36292
関連URI: https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jscejsp/-char/ja/
http://www.jsce.or.jp/
資料種別: Journal Article
権利関係: Copyright © Japan Society of Civil Engineers 土木学会
版表示: publisher
出現コレクション:1.査読済論文(工)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/36292

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください