DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > E. がん進展制御研究所(旧がん研究所) > e20. 紀要・報告書 > 金沢大学がん進展制御研究所 共同研究成果報告書 >

2011年(平成23年度) : [17]

コレクションのホームページ

 
 
あるいは、ブラウズ 
このコレクションを購読する
検索結果表示: 1 - 17 / 17
発行日タイトル著者
2012年 4月ヒトがん細胞を用いた抗転移性制癌剤の開発宇都, 義浩; Uto, Yoshihiro
2012年 4月アミノレブリン酸投与後の腫瘍特異的ポルフィリン蓄積メカニズムの細胞レベルでの解明小倉, 俊一郎; Ogura, Shunichiro
2012年 4月ヒストン修飾解析ツールの開発とがんのエピゲノム解析野崎, 直仁; Nozaki, Naohito
2012年 4月大腸がん個別化医療のためのバイオマーカー探索小坂, 健夫; Kosaka, Takeo
2012年 4月GSK3β阻害による新規膵がん化学療法の開発と臨床試験元雄, 良治; Motoo, Yoshiharu
2012年 4月がん細胞の増殖におけるMnkプロテインキナーゼとJSAPの機能的相互作用の解析福永, 理己郎; Fukunaga, Rikiro
2012年 4月皮膚発がんにおけるケモカインの病態生理学的役割解析近藤, 稔和; Kondo, Toshikazu
2012年 4月ケモカインCXCL14/BRAKによる発癌と転移の抑制機構の研究:CXCL14/BRAKのNK細胞の活性制御の分子機構畑, 隆一郎; Hata, Ryu-ichiro
2012年 4月Pimキナーゼ阻害剤の抗腫瘍剤としての開発研究岡部, 隆義
2012年 4月SMS抑制による細胞死誘導セラミド・シグナル増強を介したRb遺伝子欠損マウスにおけるリンパ腫発症機構の制御岡崎, 俊朗; Okazaki, Toshiro
2012年 4月がん幹細胞の脂質代謝におけるRbがん抑制遺伝子とSREBP-1遺伝子の関係島野, 仁; Shimano, Hitoshi
2012年 4月消化器がん幹細胞制御因子のマウス発がん過程における制御機構岡本, 康司; Okamoto, Koji
2012年 4月癌細胞と脂肪細胞の接触による相互作用の検討上原, 久典; Uehara, Hisanori
2012年 4月HGF-Metの活性化機構に基づく分子創薬研究木下, 誉富; Kinoshita, Takayoshi
2012年 4月がん抑制遺伝子p53機能喪失を伴った新規悪性胃がん病体モデルの作製と解析大木, 理恵子; Ohki, Rieko
2012年 4月分子イメージングによる組織幹細胞可視化法の開発と応用原, 英二; Hara, Eiji
2012年 4月平成23年度 表紙金沢大学がん進展制御研究所
検索結果表示: 1 - 17 / 17

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください