DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 核医学画像診断 > 07巻2号(通巻第17号) >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000003225-187.pdf3.23 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 201Tl肺SPECTによる肺炎の活動性評価
著者: 秀毛, 範至
利波, 紀久
平田, 昌義
古沢, 由紀枝
亀山, 富明
Shuke, Noriyuki
Tonami, Norihisa
Hirata, Masayoshi
Furusawa, Yukie
Kameyama, Tomiaki
発行日: 1992年12月
雑誌名: 核医学画像診断
ISSN: 0912-4195
巻: 7
号: 2
開始ページ: 32
終了ページ: 38
キーワード: Thallium Radioisotopes
SPECT
肺炎(放射線核種イメージング・画像診断)
抄録: 左肺舌区肺炎の治療前後に201Tl肺SPECTを施行し,胸部X線写真上は肺炎陰影の残存があるにもかかわらず,201Tlの集積が炎症所見の鎮静化とともに消失した症例を経験した。炎症巣への201Tl集積は,炎症の活動度を反映していることが示唆され,201Tl肺SPECTは肺悪性病変の評価のみならず,肺炎症性病変の活動性評価にも有用と考えられた
内容記述: 原著論文
URI: http://hdl.handle.net/2297/4190
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:07巻2号(通巻第17号)

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4190

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください