DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 核医学画像診断 > 17巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000003225-259.pdf2.14 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の骨シンチグラフィ
著者: 高山, 輝彦
杉原, 信
杉山, 誠
小野口, 昌久
絹谷, 清剛 link image link image
利波, 紀久
Takayama, Teruhiko
Sugihara, Makoto
Sugiyama, Makoto
Onoguchi, Masahisa
Kinuya, Seigo
Tonami, Norihisa
発行日: 2002年11月
雑誌名: 核医学画像診断
ISSN: 0912-4195
巻: 17
号: 1
開始ページ: 2
終了ページ: 7
キーワード: 交感神経性ジストロフィー-反射性(診断,薬物療法,リハビリテーション)
シンチグラフィー
理学的検査
Meloxicam(治療的利用)Neurotropin(治療的利用)
上肢疾患(診断,薬物療法,リハビリテーション)
ヒト
中年(45~64)
抄録: 60歳女.左手痛と腫脹により上顆炎及び腱鞘炎と臨床診断したが,手の安静にも拘わらず症状の軽快が不十分である等の臨床経過から反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)が疑われた.手のX線写真にて骨萎縮を認め,RSDと診断し,補助検査として骨シンチグラフィーを施行したところ,右前腕部の軟部組織で放射能の増加を示したが,手掌部では殆ど左右差を認めず,左手首の異常集積は軽度であったが,後期像では左手首の著明な異常集積を認め,骨シンチグラフィーはRSDの診断に相当し,有用であった.ノイロトロピン4T分2,モービック10mg1T分1を内服し,バイブラバス,逆行性マッサージ,タワシ運動によるリハビリテーションを行い軽快した
内容記述: 原著論文/症例報告
URI: http://hdl.handle.net/2297/4262
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:17巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4262

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください