DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > A. 人間社会学域・研究域/文・法・経済・教育学部/教育学・人間社会環境・法務研究科 > a20. 紀要・研究報告等 > 40. 金沢大学教育学部紀要. 自然科学編 > 第56号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
AN00044160-56-terasawa.pdf800.11 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 果房段位,熟度がトマトの糖・アスコルピン酸含有量およびラジカル消去活性に及ぼす影響
その他のタイトル: Effects of the Position on the Plant and Ripening Stage of Tomato on the Sugar and Ascorbic Acid Contents and Radical Scavenging Activity
著者: 寺沢, なお子 link image link image
三橋, 直子
鯨, 幸夫 link image
Terasawa, Naoko
Mitsuhashi, Naoko
Kujira, Yukio
発行日: 2007年 2月28日
出版社(者): 金沢大学教育学部
雑誌名: 金沢大学教育学部紀要.自然科学編
ISSN: 0387-0995
巻: 56
開始ページ: 7
終了ページ: 12
URI: http://hdl.handle.net/2297/4402
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:第56号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4402

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください