DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 113巻3・4号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-018-shima.pdf1.84 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 周辺視野刺激に惹起される視覚誘発磁場の潜時,電流モーメントにおける加齢,利き目の影響
著者: 島, 浩史
Shima, Hiroshi
発行日: 2004年12月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 113
号: 3・4
開始ページ: 134
終了ページ: 143
キーワード: 側性
加齢
光刺激
後頭葉
視覚
MRI
脳磁図
反応時間(生体)
分散分析
眼球優位性SQUID
磁界
 ヒト
成人(19~44)
中年(45~64)
老年者(65~79)
抄録: 健常男性被験者14名を対象としてパターンリバーサル刺激に対する一次視覚誘発磁界反応(V1反応)を脳磁図で測定し,利き目ならびに加齢と,潜時,電流モーメントとの関連性を検討した.50~60歳代(n=5)のV1反応の潜時は20歳代(n=4),および30~40歳代(n=5)に比し有意に延長した.また右手利きを左目利き群(n=6)と右目利き群(n=5)に分けた場合,鼻側下方1/4視野刺激による電流モーメントは左目利きでは左目刺激の反応が有意に強く,右目利きでは右目刺激の反応が強い傾向であった.一方,耳側下方1/4視野刺激による電流モーメントは左目利き,右目利きとも右目刺激の反応が強い傾向であった.健常人の眼優位性は後頭葉のV1反応の大脳皮質神経細胞活動に影響を及ぼす因子であることが示唆された
内容記述: 原著論文/比較研究
その他の番号: 2005202416
URI: http://hdl.handle.net/2297/4486
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:113巻3・4号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4486

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください