DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 112巻4・5・6号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-015-kitani.pdf1.19 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: パニック障害の安静時及び光刺激中の定量脳波学的研究 未服薬者及び服薬患者の所見から
著者: 木谷, 知一
Kidani, Tomokazu
発行日: 2003年12月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 112
号: 4・5・6
開始ページ: 169
終了ページ: 177
キーワード: 安静
光刺激
経口投与
脳波
恐慌性障害(診断,薬物療法)Benzodiazepine Tranquilizers(治療的利用)
 ヒト
成人(19~44)

抄録: パニック障害(PD)患者について,ベンゾジアゼピン(BZD)系薬剤未内服(未服薬PD群),およびBZD系薬剤内服中(服薬PD群)それぞれ18例の安静時,および光刺激中脳波を検討した.安静時脳波では,健常成人18例と比べ,未服薬PD群のδ,θ,α2パワーの力が高値であった.部位的には,後頭部でα2パワーが高値であった.さらに,全般的なθパワー,および前側頭部でのδパワー高値がみられた.服薬PD群は,未服薬PD群と比べ,δ,およびθ帯域のパワーが低値であった.光刺激中脳波は,健常人と比べ,未服薬PD群では5Hzの光刺激に対応するθ帯域のパワーが高値であった.服薬PD群では,未服薬PD群と比べ,5Hzの光刺激に対応するθ帯域のパワーが低値であった.STAIの特定不安尺度と脳波パワー値の間に,未服薬PD群では有意な相関はなかった.しかし,服薬PD群では,安静時脳波におけるθ,α,β帯域パワー値,10Hzの光刺激に対応するα帯域,15Hzの光刺激に対応するβ帯域のパワー値で正の相関がみられた
内容記述: 原著論文/比較研究
その他の番号: 2004131470
URI: http://hdl.handle.net/2297/4500
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:112巻4・5・6号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4500

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください