DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 112巻2・3号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-014-yoshimi.pdf1.28 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: モルモットのアレルギー性気道反応におけるプロスタグランジンD2の役割
著者: 吉見, 雄三
Yoshimi, Yuzo
発行日: 2003年 6月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 112
号: 2・3
開始ページ: 94
終了ページ: 102
キーワード: Capsaicin
Methacholine Chloride
Prostaglandin D2
咳嗽
気管支肺胞洗浄液
好中球
Prostaglandin Receptors
喘息(実験的,病理学)
リンパ球
気管支反応性亢進Prostaglandin D2 Receptor
モルモット
動物
オス
抄録: アレルギー性気道反応におけるプロスタグランジンD2(PGD2)の役割を解明するために,PGD2受容体拮抗薬の影響を検討した.能動感作したモルモットに抗原を吸入させると,即時型気道収縮と24時間後のカプサイシン咳感受性亢進,メサコリン気道過敏性亢進,および気管支肺胞洗浄液中の好酸球増多がみられた.咳感受性測定,気道過敏性測定のそれぞれ1時間前にPGD2感受性拮抗薬compound20・Na塩を腹腔内投与すると,カプサイシン咳感受性亢進と気管支肺胞洗浄液中の好酸球増多は影響を受けなかったが,メサコリン気道過敏性亢進は有意に抑制された.compound20・Na塩はDP受容体に対する選択的拮抗薬であり,アレルギー反応による気道過敏性の亢進にDP受容体を介してPGD2が関与することが示された.しかし,アレルギー反応による気道への好酸球浸潤や咳感受性亢進に,DP受容体の関与は明らかではなかった
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2004053109
URI: http://hdl.handle.net/2297/4508
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:112巻2・3号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4508

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください