DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 112巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-013-fujii.pdf1.03 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 冠動脈疾患における虚血再灌流と酸化ストレス
著者: 藤井, 浩之
Fujii, Hiroyuki
発行日: 2003年 2月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 112
号: 1
開始ページ: 2
終了ページ: 10
キーワード: HDL Cholesterol Lipoproteins(血液)
LDL Lipoproteins(血液)
Triglycerides(血液)
冠疾患(外科的療法,診断,X線診断)
経皮的冠動脈形成術
心筋再灌流
冠血管造影
酸化ストレス
心筋虚血Oxidized LDL(血液)
 ヒト
中年(45~64)
老年者(65~79)

抄録: 経皮的冠動脈形成術(PCI)により酸化ストレスが増大するか否かについて血漿中酸化低比重リボ蛋白(LDL)値を指標に検討し,更に他の血清脂質と血漿莱中酸化LDLとの関連性について検討した.酸化LDLの上昇を規定する因子は中性脂肪とHDLコレステロールで,酸化LDLの増加は中性脂肪と正の相関,HDLコレステロールとは負の相関を示した.PCIにより血漿中酸化LDLの有意な上昇が認められ,ヒトにおける心筋虚血再灌流は酸化ストレスを増大させることが示唆された.又,HDLコレステロールは虚血・再灌流時の酸化ストレスに対して防御的に作用し,逆に中性脂肪は酸化ストレスの増大に関与している可能性が考えられた
内容記述: 原著論文/比較研究
その他の番号: 2003278074
URI: http://hdl.handle.net/2297/4518
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:112巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4518

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください