DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻6号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-012-masutani.pdf7.99 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ラット脳幹内顔面神経膝部軸索損傷モデルにおける顔面神経核の逆行性変性機構の抑制に関する研究
著者: 増谷, 剛
Mashitani, Tsuyoshi
発行日: 2002年12月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 6
開始ページ: 348
終了ページ: 361
キーワード: Schwann細胞
逆行変性(実験的,病理学,移植)
坐骨神経
神経膠
ニューロン
Wistarラット
顔面神経損傷(実験的,病理学,移植)
軸索切断(実験的,病理学,移植)
神経移植脳幹疾患(実験的,病理学,移植)
ラット
動物
オス
抄録: ラット脳幹内顔面神経膝部軸索損傷モデルにおける顔面神経核の逆行性変性機構の抑制に関して検討した.方法は,成熟ラットの顔面神経軸索を茎乳突孔出口で切断した末梢損傷群,同部で引き抜きより中枢側で損傷を加えた引き抜き損傷群,定位脳的に脳幹内顔面神経膝部を切断した脳幹内損傷群群,脳幹内軸索損傷後直ちに自家坐骨神経移植した坐骨神経移植群を作製し,神経細胞の生存率,周辺のグリア細胞の反応を検討した.術後7日,28日目の顔面神経細胞生存率は,末梢損傷群でそれぞれ102.4%,90.2%,引き抜き損傷群で94.6%,49.7%,脳幹内損傷群で30.9%,2.3%,移植群で43.7%,20.4%であり,移植群では逆行性変性は有意に抑制された.グリア線維性酸性蛋白(GFAP)陽性アストロサイトの発現は各群間で差はなく,ED1陽性マイクログリアおよびマクロファージの発現は末梢損傷群に比し他の3群でより顕著であった
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2003249189
URI: http://hdl.handle.net/2297/4519
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻6号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4519

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください