DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻4・5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-011-sugimori.pdf4.76 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 日本人変形性股関節症におけるセメントレスステムの近位大腿骨に対する三次元的髄腔占拠率及び力学的影響 コンピューター支援設計技術を用いた検討
著者: 杉森, 端三
Sugimori, Tanzo
発行日: 2002年 1月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 4・5
開始ページ: 267
終了ページ: 279
キーワード: メカニカルストレス
大腿骨
X線CT
変形性股関節症(外科的療法)
コンピュータ支援設計
力学
三次元イメージング
セメントレス人工関節
日本
 ヒト
中年(45~64)
抄録: コンピューター支援設計技術CAD/CAMにより作成した大腿骨立体モデルを用いて三次元的近位髄腔占拠率の測定及び有限要素解析を行い.日本人変形性股関節症(OA)大腿骨に対する人工関節ステムの適合性および力学的影響について検討した.その結果,CTデータの正確性の検討によりCTから作成した大腿骨立体モデルは実物の大腿骨との髄腔形状誤差が0.1mm別後と非常に小さく高い精度で一致しており,日本人OA大腿骨に対するステムの適合性を検討するモデルとして極めて有用であると考えられた.三次元的近位髄腔占拠率は,平均でtype A群76.4%,type B群57.2%,type C群60.0%であり,type Aとtype B群,type A群とtype C群で各々有意差を認め,正常と同一形態のtype A群の大腿骨形態解析をもとに作成した標準ステムは,type B群とtype C群の大腿骨には適合しないことが証明された
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2003181067
URI: http://hdl.handle.net/2297/4526
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻4・5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4526

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください