DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻4・5号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-011-matsuda.pdf3.79 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 末梢神経慢性伸張に伴う神経筋接合部の病態
著者: 松田, 正樹
Matsuda, Masaki
発行日: 2002年 1月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 4・5
開始ページ: 228
終了ページ: 239
キーワード: Acetylcholinesterase
シナプス
Waller変性
活動電位
坐骨神経
神経筋接合部
電気生理学
末梢神経系疾患(実験的)
骨格筋病態生理
ウサギ
動物
オス
抄録: 日本白色家兎の大腿骨に脚延長器を装着して,4.0mm/日の速度で延長することにより,坐骨神経を慢性伸張し30%延長した.ヒラメ筋が受ける影響について延長終了直後,4週後,8週後に電気生理学的検討と神経筋接合部の形態学的観察を行った.その結果,複合筋活動電位においては筋入口部の刺激が正常の3~6倍で波形を得られた.その波形は多相性であり,持続時間の延長を認めた.ヒラメ筋筋質重量は正常の70%にまで減少したが,経時的な進行は認めなかった.延長終了後の神経筋接合部後シナプスの形態はワーラー変性群のような変性を示さず,一次シナプス間隙および二欠シナプス間隙に殆ど変化は生じなかった.延長終了後8週の経過でも一次シナプス間隙および二次シナプス間隙に軽度の変性が生じたのみで形態は保たれていた
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2003181064
URI: http://hdl.handle.net/2297/4529
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻4・5号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4529

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください