DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻2・3号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-010-gaku.pdf1.33 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ヒトCytidine Deaminase遺伝子における一塩基変異多型とCytosine Arabinosideに対する薬剤感受性の検討
著者: 岳, 麗杰
Yue, Lijie
発行日: 2002年 6月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 2・3
開始ページ: 142
終了ページ: 151
キーワード: Cytarabine
Cytidine Deaminase
ヒト
薬剤耐性
DNA配列分析
SNPs
 ヒト
抄録: 急性リンパ性白血病(ALL)37名,急性骨髄性白血病(AML)10名,非ホジキンリンパ腫(HHL)5名と正常対照169名からのヒトのシチジンデアミナーゼ(HCDA)cDNAを,直接シークエンスして一塩基変異多型(SNP)を同定し,機能を検討した.SNPの機能は酵母遺伝子発現システムを用い,酵母の増殖抑制法により,原型HCDAと変異HCDA導入酵母株シトシンアラビノシド(ara-C)に対する感受性を測定した.HCDA遺伝子の翻訳領域に同定されたSNPはA79C,G208A,T435Cで,疾患との関連は認めなかった.SNP G208は,HCDAの酵素活性領域に存在し種属間で良く保存されているAlaを,Thrに置換(A70T)した.変異導入酵母株HCDA-70Tの脱アミノ活性は,酵母への変異HCDA-208A遺伝子導入により有意に低下し,ara-Cへの感受性が高まった
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2003045262
URI: http://hdl.handle.net/2297/4536
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻2・3号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4536

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください