DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-009-kamiyama.pdf2.14 MBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: 多局所網膜電図の2次核の起源に関する研究
著者: 上山, 恵巳
Kamiyama, Megumi
発行日: 2002年 2月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 1
開始ページ: 54
終了ページ: 65
キーワード: 萎縮
コンピュータシステム
視覚
軸索
視神経乳頭
電気凝固
網膜神経節細胞
網膜電図(実験的)
コンピュータ支援数値解析
組織細胞学的標本技術ネコ
動物
抄録: 多局所網膜電図(MERG)の二次核成分の起源を明らかにする為,ネコの視神経乳頭周囲網膜の熱凝固が網膜の組織学的所見とMERGに与える影響を検討した.視神経乳頭周囲網膜熱凝固16ヵ月後,網膜神経節細胞は著しく減少していた.視神経乳頭全周囲凝固眼は,凝固前,非凝固対照眼に比べ,全周凝固12ヵ月後の37エレメントのMERG応答,加算平均波形の一次核成分に変化はなかったが,二次核成分は減弱した.全周凝固群で,凝固12ヵ月後の37エレメントの応答アレイを同心円状に分割して検討した結果,中心部で二次核成分が最も減弱していた.全周凝固群の一次,二次核成分の頂点潜時は,凝固前に比べて凝固後では有意差のある変化はしていなかった.視神経乳頭半周囲凝固群では,凝固前,非凝固部に比べ,凝固部において二次核成分の減弱が顕著であった.半周凝固群では,非凝固部に比べて凝固部の一次,二次核成分の頂点潜時は延長していた.以上により,二次核成分の起源に節細胞の関与が明らかになった
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2002234080
URI: http://hdl.handle.net/2297/4543
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4543

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください