DSpace width= university logo mark
Japanese | English 

KURA > C. 医薬保健学域・研究域/医・薬学部/医学系研究科 > c20. 紀要 > 金沢大学十全医学会雑誌 > 111巻1号 >

全文を表示する

ファイル 記述 サイズフォーマット
C0000002237-009-ohta.pdf975.96 kBAdobe PDF
見る/開く
タイトル: ブピバカイン中毒の発見におよぼすプロポフォールの影響
著者: 太田, 敏一
Ohta, Toshikazu
発行日: 2002年 2月
雑誌名: 金沢大学十全医学会雑誌
ISSN: 0022-7226
巻: 111
号: 1
開始ページ: 98
終了ページ: 104
キーワード: Bupivacaine(毒性・副作用)
Propofol(治療的利用)
神経毒
心停止(化学的誘発,薬物療法)
不整脈(化学的誘発,薬物療法)
薬物中毒
薬物用量効果相互関係
けいれん性発作(化学的誘発,薬物療法)
Sevoflurane
ラット
動物
抄録: ブピバカイン中毒の発現に及ぼすプロポフォールの影響について,ラットを用いてセボフルランとの比較,及び用量反応関係を検討した.その結果,プロポフォールはブピバカイン中毒に対する発現防止作用が認められることが判明した.不整脈発現防止作用はセボフルランより劣っているが,痙攣発現防止作用は勝っていると判断された.更に900μg/kg/分以上の投与速度になると,不整脈,心停止に対する発現防止作用が消失することが明らかになった
内容記述: 原著論文
その他の番号: 2002211828
URI: http://hdl.handle.net/2297/4550
資料種別: Departmental Bulletin Paper
出現コレクション:111巻1号

このアイテムを引用あるいはリンクする場合は次の識別子を使用してください。 http://hdl.handle.net/2297/4550

本リポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください